どれだけ期待値を下げれるか、ブルーマンデー、趣味という言葉について

スポンサーリンク

慣れ=期待値の上昇じゃねと思います。

物事は慣れていない時は若干必死になっているから、面白く感じている。

ところが慣れてしまうと奢りが出てきちゃうんだな。

 

不安定なものを安定させるために環境を変えて不安が安定にかわると次の不安を安定させようとする。

不安が発生しない状況っていうのはほぼないので繰り返すことになる。

 

なので、これを止めるためには「折り合い」をつける必要があると思います。

つまり「諦める」「妥協」するということです。

 

いい加減、自分の人生というものにいい意味で希望をもたず、期待せず粛々と細々と生きていきたいと思うのです。

しかし、時折アクティブ性格が発動しとにかく動き回りたい自分がいます。

そうなったとき非常に反動で疲れてしまうのでまじで勘弁願いたいもの。

 

 

スポンサーリンク

休みで浮かれるのは少し避けたい気もする。けれどやっぱり休みはウキウキしていたい。

平日5日間働く労働形態になってから、休みがかなり待ち遠しいと感じるようになりました。

以前は2日、3日働いたら休みを入れていたから当然ですよね。

どちらがいいとかはないですが、日曜の夕方くらいになると憂鬱になる。

どうにかしたいと思っても憂鬱になる。

あぁこれが俗に言うブルーマンデーかよと思う。

 

特に休みが楽しかったときほどテンションの高低が激しい気がしてます。

なので休みのテンションをそんなに上げないで淡々とすごせたらましになるのかなとどっかの意識高め系の人が言っていた気がするけれど

そういう単調な日々の人生もどうなんだかなぁ。

 

ブルーマンデーを感じること自体普通だと思うし、ならないように気をつけるのもしんどいです。「〜ねばならい」と行動するほうが筆者にとってはストレスなのです。

 

結論

ブルーマンデーになってもいいや別に笑

 

趣味は必要なのかどこからが趣味と言えるのか

趣味

趣味という言葉が最近あまり好きではないです。

というのも趣味という言葉が一人歩きして崇高なものになっているからです。

もっと平たい意識、表現であってほしい。

正直に言ってほしい「暇つぶし」と笑

 

趣味っていうと筆者の定義では

・SNSに写真をアップできる(写真映えするもの)

・人に言って人が「私もやってみたい〜」

と思わせられるもの

になってきてしまってる気がする。

 

なので迂闊に趣味はなんですかと言われても筆者は答えに詰まります。

自分の趣味はなんだろう。

一般受けする回答が好ましいのかな。なんて考えてしまう。

 

例えば散歩や資格勉強、ブログを書くなどで時間を潰しているとして

それを趣味と言いにくい風潮がこの世の中あるまいかと感じている。

 

とここまで書いてきて、あぁこんな考えも人にどう思われてるかを考えてるからめんどくさくなってるんだなと思います。

別にどう思われてもいいですわね。

 

結論

趣味とは?なんて知らん。人に評価されたくて好きなことやってない

 

でオッケーですね。

 

最後に

あれ?もっと書きたいんですけど、お迎えに行く時間ですわ。

こんな感じでどんどん適当に書いていきます。