ビジョン・イメージボードって重要だよね

スポンサーリンク

最近思うのはビジョン・イメージボードって重要だよねってこと。

そこに描いたことは大体叶うから。

私自身、大学入学前にやりたいことリストは大学在学時ほとんどできた。

社会人になったときもよく作っているが大体叶っている。

もちろん科学的根拠はない。

ですが、自分に欲しいもの、やりたいことは目に見えるものに残しておくべきだと伝えたいです。

目に見える形に残すと感覚で追うようになる。

例えば欲しいものが非現実的であったとしても

・それに準ずるもの

・代替がきくもの

で自分を満たそうと動くと思います。

海外のウォーターパークに行きたいけど、国内の室内プールでも同じことできるよねとか。

あ、これってよく考えれば自分がやりたかったことじゃんって状況に気付けるはずです。

それで自分に望みが叶ったら自分を褒めてあげて満たしてあげる。

こういった一連の流れが大切だと思います。

自分の望みは人にいってもいいけど、人は選ぶべき

自分の望みは人に言ってもいいと思います。しかしいう人は自分は「この人なんかいいなぁ」ってなんとなくプラスに思える人に言うのがいいかもしれません。

まず、否定的な人には言うべきではないと思います。

肯定してくれたり一緒に考えてくれる人がいいと思いますよ。

じゃなきゃ困るをなくすといいかも

欲しいものしたいことを超こまかくしてそうしないとダメってのはもったいないです。

ぼんやりとでいいですね。

あとはまんまそれが手に入らなくても近いものが手に入ったらまるをあげるってことで。

これマジでおすすめなので「生きる活力がない」って人はやってみてください。

高尚なことでなく下衆な内容でも全然いいと思いますよ。

そんなもんじゃないですかね。