子供と半日過ごす時に気をつけたいこと。パパが子供と過ごす前によむべきこと

スポンサーリンク
ライフ・生き方

子供との休みをどう過ごすか悩みますよね。

でも最近悩まなくてもいいかなと。

肩の力抜いて自然に行こうと思えるようになってきました。

この記事は

出かける休日に疲れてしまってきている方におすすめです。

決して無理する必要なんてないと思いますよ。

 

スポンサーリンク

気張らなくてもいい理由:大人が頑張らなくても子供は楽しんでくれる。

自分の理想としては、朝早くに出かけて観光スポットや公園に出かけることが「いい休日の過ごし方」だと思っていました。

でも実際は子供が楽しんでくれるかどうかは大人の気持ち次第ということがわかってきました。

子供は親の顔をみている

仮に、どこか遊園地に行こうとして計画を立てて乗り物何に乗るとか色々楽しい計画をたてて向かったとしまう。

しかし車が渋滞してしまったり、遊園地が混んでいて大人がイライラしたり不機嫌になってしまうのはよくないと思ってます。

子供って親の気持ちの変化めちゃくちゃみてます。

だから親が機嫌悪くなると気を使って楽しめないんですね。

つまり、親が楽しんでくれてたら子も楽しいんですよね。

はい、これが今日一番言いたいことです。

親が楽しんでれば子供はどこでも楽しいんです。

大事なのは、親も一緒に楽しむこと

大事なのは親も楽しむこと

子供と一緒に休むときは子供と一緒に楽しむことが大事です。

変な話、どこかにでかけなくても家で絵を描いたり、本を一緒に読んだりしてそれがあなたが楽しかったら子供も絶対楽しいはずなんです。

なので、休みの日は出かけることを目的にするのではなく「自分が楽しむ」ことを目的に過ごした方が結果的にこどもといい休日をすごせたことが私自身多いです。

無理に背伸びしないで近所の公園とか図書館とか児童館とかでも十分楽しめると思います。

自分自身が楽しむことこれを念頭に置くことを忘れないでください。

親が楽しんでることを子供はみているので、身近なものでも楽しむ姿をみせれば子供は学習してくれます。

親だって疲れる 疲れた姿を見せよう

自然と親って仮面を被ってしまうとしんどいです。

親だって人間です。疲れ切ってしまうときもあります。

そういう人間味をどんどん子供を見せた方が子供は安心しますよね。

もし完璧な親を見せ続けてしまうと、子も親のようにならねばとやっきになって家の空気がギスギスしてしまうと思います。

パパも疲れちゃうんだな。ってとこをみせて僕は適度に息抜きをした方が結果的にいい感じなるよってことをつたえているつもりです笑

私が重要なのは出かける場所なのではなく自分が楽しむことであると思ったきっかけ。

これは私自身が経験したことなんです。

私自身もかなり出かけて子供にいろんな景色をみせてあげないとかわいそうという考えをもっていました。

でもよく考えてみればいったい誰が決めたんでしょうね。

出かけるためにお金を節約してやっとの思いでそこにいってイライラしてる自分で。

子供が楽しいと思ってくれるでしょうか。

おそらくイライラしているパパをみたら楽しめないですよね。

子供を楽しませる前にまず自分が楽しむことを考えよう

子供を休みの日楽しませたい気持ちは十分わかります。

子供はかわいいですからね。でもその前に自分が毎日イキイキ楽しむ姿をみせないと、

そもそも子供がどう楽しんでいいかわかなんないって話ですよ。

だってパパママが楽しんでないんだからそんなもんなんだって思っちゃいますよね。

誰だってイキイキしている人、楽しんでる人と一緒にいたいと思うのは大人でも同じですよね。

なので、自分も出来る限り楽しもうと思って子供との時間を過ごそうと考えています。

それでもうまくいかない日は当然ある

そう自分をに言い聞かせていても当然疲れてしまう日もあります。

イライラしてしまう日もあります。

ですがそんなときもしっかり切り替えて子供と仲直りして残りの休日をできるかぎり楽しく過ごすことを心がけていきましょう。

自分一人で子供と半日すごすとママの偉大さが身に沁みる

今これを読んでいる方で子供を1人で半日から1日みたことがない方はぜひ1度お子さんと過ごすことをおすすめします。

めっちゃくちゃ大変だから。

仕事みたいに思い通りにいきません。

1日過ごしてみたらなぜパパが仕事から帰ってきたときママが育児に疲れ切ってしまっているか自分を考え直した方がいいです。

子供と一緒にすごすということはそれぐらい大変です。

ただ出かけたりしてお金を自由に使って時間を過ごすのであればそれはたやすいこと

世間のママはいろんなことをセーブしつつお金を節約しやりくりしているんですから。

私自身が出かけて動物園とか連れて行って楽しくすごさせたとしても絶対にママに勝ち誇るようなことを言ってはならないと思うのです。

なぜならママはこれを毎日やってるわけなので。

共働きだったとしてもママの負担が多いご家庭はたくさんあると思います。

たった1日子供とうまく過ごせたからと言って勝ち誇ることのないようにしたほうがベターです。

ママってこんなことを毎日してくれてありがとうと感謝の気持ちを持とう

どこかにでかけるかという観点に縛られず、重視するべきことは

・自分自身が楽しむこと。そしてそれを子供にみせてしめしてあげること

子供と一緒に遊べてパパも楽しいよと感情や言葉や行動でしめしてげましょう。

そしてと同時にママに対して感謝する気持ちをもってママに対して感謝できるといいですね。

休みの過ごし方がうまくいかくとも子供も自分も責めない。

理想の休みの過ごし方があったとして、もしその通りにことがうまくいかなくとも全く問題ではありません

うまくいかないのが当たり前といったら怒られるかもしれませんが、それぐらいの気持ちで子供と接してあげた方が気持ちに余裕がでて「楽しく」すごせます。

子供が粗相しても怒鳴って言い聞かせることは簡単なんですが、子供も失敗しないと成長しないですよね。

重要なこことはパパ、ママが楽しむことが1番なので子供自身の失敗やアクシデントに目くじらをたてていてはせっかくのこどもと過ごせる時間がもったいないんです。

 

なのであらゆることも終わってみれば笑い話になるので失敗してもきにしないことが大事だと思います。

毎日子供と笑いあえてますか

基本だと思うんですが毎日子供と笑いあえてますか。

何度も繰り返しのお話になりますが、自分が笑えば自然と子供は笑います。

マジで子供は自分の鏡です。

お子さんが最近笑ってないなぁと感じるのであればご自身が最近笑ってない可能性もあります。

そんなときは自分自身振り返って考えて見ましょう。

 

お子さんを笑わせたかったらまずは自分が笑うことです。

辛くてしんどいことがあっても笑ってみましょう。

そうすると自然とお子さんは笑ってくれますよ。

 

子供は親が元気でいてくれることが一番嬉しいですからね。

なのでそのことを忘れないで接していけばいいと思います。

 

まずは近所の公園でOK

どこかに出かけるアイディアが浮かばなかった時は近所の公園でも十分に遊べると思います。

・遊具

・砂場

・鬼ごっこ・おいかけっこ

など遊びのパターンは豊富です。

重要なのはここで一緒になって遊ぶと子供はめちゃくちゃ喜びます。

決してスマホをみながら子供を放置させないでください笑

 

丘があれば芝滑りなども一緒にできるので楽しいですよ。

 

家の中でも遊びはたくさんある

家の中でも結構遊びはたくさんあります。

トミカやプラレール

プロレスごっこ

工作や絵描きなど様々な遊びが隠れています。

 

家でも一緒に遊ぶことで子供はとても満足してくれることでしょう。

まとめ

子供の休日の過ごし方は出かけることの前に自分が楽しむこと

自分が楽しめば子供も楽しくなっている