家族に反応する大切さ。

スポンサーリンク
好きなこと・モノ

家族に反応する大切さってあると思います。

些細なことにリアクションを示してあげるってことが大事かなと。

 

わりと自分は話きいてなかったらり、スマホをみてたりするので家に帰ってきたら家族の話をきちんときいてあげようと思う。

 

もちろんいつもってのは大変。

なので「少し」「気持ち程度」に反応をしてあげようと思う。

 

 

反応というのは、

「おー!」

「いいね!」

「そうだよねぇ」

とかそういう感じでいいと思う。

 

 

共感を示してあげることがやっぱ大事なんだなぁと。

それは子供だけではなく、妻に対してもそうだと思います。

 

わりと、子育て始まると子供のことばっかり考えるようになります。

だけど最近それだけではあかんなと思ってきてます。

 

 

子供にとっては母親との関係性も結構大事かと思ってまして、

母親が機嫌がいいにこしたことはないなと。

家族形成をする上で母親の機嫌がいいほうがうまくいく気がする。

 

 

なので、私としては、妻の機嫌がいいなら家庭は平和なんじゃないかなと思う。

私自身あまり物事を企てたり、策略をねってなんとかする性分ではありません。

シンプルに楽しけりゃいいじゃんということなんですね。

 

機嫌がいいと子供にたいしていい感じで接することができる。もしくは余裕をもって接することができると思うんです。

 

で余裕を持って人と接するには自分や妻が満たされてる必要があるので共感とか反応するとかそういうことって大事なのかなぁと最近感じます。

つい、私は、自分のことに夢中になっていたりすると忘れがちになってしまいます。

 

ですが、家族とのコミュニケーションをちょっといつもより反応できるようになれば周り巡って自分に返ってくると思います。

 

遠回りのようですが、これをやることによって自分も居心地がさらによくなると思いますね。

 

仕事でもこちらの話にきちんとリアクションしてくれる人はいいなと思います。

非常に簡単なことなんですけど、とても重要だなと感じます。

 

基本的に、相手の言ってることを認めてあげてきいてあげるってのがおすすめ。

なぜなら、正しいか間違ってるかそんなのはないから。

 

こうだと決めつけることは視野や判断の狭さに直結したりします。

貫き通さなくてもべつに死なないので、流れるプールを泳ぐみたいにすいーっと流れに乗ってみましょう。

 

そんな感じでいいと思います!