学生バイト選びのコツ・人が話すのが苦手な人むけ【実体験】

労働ライフ・生き方
スポンサーリンク
ウイイレ悩み君
悩み君

人と話すのが苦手だな。会話続かないし、、こんなんでバイトやっていけるのかな

こんにちはなおパパ(@nao75719524)です。ウイイレアカウントは(@kitakansuki)です

結論からして人と話すのが苦手でもバイトできます。

 

人と話すのが苦手でもポイントを押さえれば話せるようになります。

 

僕自身話すのが苦手でしたが、長年接客をしていると話し方がわかってきました。

 

僕は高校生のころかなり話すのが苦手で、人と何を話していいかわからなくなってしまうんです。

自分の思いを人に伝えるのが苦手でした。

 

今では、話すことが楽です。むしろ好きになっているかもしれません。

かなり激おこな人、頭がおかしい人、危ない感じの人と対峙しても攻略していく自信があります。

というか、ここ3,4年はこういう人を攻略しないと始まらない仕事をしていたんです。

 

環境は人を変えるといいますが、本当にそうですね。

 

大勢で話すのは好きではないですが1対1で話すのはめちゃくちゃ好きです。

 

自分の今までの人と話す経歴を書いていくと

 

⓪ ホームセンターバイト 怒られまくって苦痛(人と話したくない)

高校生まで

①日本で1番有名なハンバーガーショップでアルバイト レジに立つと震える(人と話したくない)

②派遣でいろんな人種と話す(人が怖い)

③ゲームセンターでバイト軍隊並みの接客を叩き込まれる オタクな人たちと話す(人がまだ怖い)

④パチンコ屋でパリピ達と話す(人と話すのが苦痛)

〜ここまで大学生時代〜

 

⑤就職して年配者達と話す(人と話すしかないし人に動いてもらう必要がでてきた)

⑥異動して多国籍な人たちと若者たちと話す(ここでかなりレベルアップ強靭なメンタルを構築)

 

という流れです順に説明していきます。正直、こんな情けない自分を晒すのは恥ずかしいですが、同じような悩みをもっている10代、大学生の若者の役に立てば嬉しいです。

 

人見知りはマジで関係ない。

余談だけど「自分は人見知り」っていうことで相手を油断させられます(こいつは話苦手なんだなと思わせられる)。話が得意な人が使うとかなりのキラーワードになるよ

スポンサーリンク

ホームセンターバイト 怒られまくって苦痛(人と話したくない)

高校生の時に人生で初めてホームセンターのバイトをしました。

今までバイトなんかしたことないのに家から近いということではじめました。

時給は650円、週3日くらい5時から夜8時まで働いてました。

 

そのホームセンターは商品数が多いわりに社員の数が少ない感じでした。

僕自身人から怒られる=良くないことと親から刷り込まれていたのでとにかく怒られないように、嫌われないようにバイトしようとしてました。

結果、おどおどした言動、態度になってしまってました。

 

当然、店長や社員から怒られ、お客さんから聞かれてわからないことを聞きにいくと煙たがられ、お客さんに怒られる負の連鎖を起こしていました。

 

お金を稼ぐってこんなしんどいのか。。と

 

でしんどくなって半年ぐらいで辞めました。

 

学びは

  1. 正社員でも給料安い
  2. 商品数が多い仕事はきつい
  3. レジって大変

 

日本で1番有名なハンバーガーショップでアルバイト レジに立つと震える(人と話したくない)

大学に進学し、バイトしなきゃってことで、選んだのが日本で1番有名なハンバーガーショップのバイトです。これも家から近かったからです。

時給は780円です。

前回の経験から、人と話したくなかったので調理の方に入りました。

 

ハンバーガーを作るのがメインなので気が楽でした。しかし、それらの仕事を覚えてくると、オーダーを受ける仕事を覚えろという流れになります。

 

拒んでいましたが、自分の思いを上手に伝えることができない、人に迷惑をかけてはいけないという刷り込みがまだ強いため、断れず、オーダーを受ける仕事をやります。

が、人前に立つと緊張と吐き気で気持ち悪くなりました。

 

バイトにいくのが嫌になり1年で辞めました。

学びは

  1. 時給安いのはダメ
  2. いやならすぐやめる
  3. お金のためはダメ

派遣でいろんな人種と話す(人が怖い)

固執した組織で働く、人間関係に縛られるのがいやで日雇いの登録派遣型のアルバイトをはじめました。

時給は900円〜1000円(ただし働きたくても仕事がない場合も)

・駅弁の仕込み・調理

・モデルハウスの立て看板を持つ仕事

・家電配送のアシスタント

・物流倉庫の流れ作業

・電気部品のピッキング

・成人雑誌のビニール貼り

などなど多岐にわたりました。固定した人と話さなくていいので気が楽でしたが、毎回、いろんな所にいって仕事を教わり、頭を下げて仕事をするのはめっちゃ非効率だなと自分では思ってました。

 

そしてそこで働いている大人達と話したことが社会での経済的な格差を知ることともなりました。

派遣で日雇いで働いている人たちは生活がギリギリな人たちも多いです。

僕自身も実際働かないと食べるものがないぐらいまで追い込まれてました。

そんな中、日雇い労働者を派遣させるの大元の会社のスタッフは、派遣スタッフを派遣元に派遣しバックマージンをもらい利益を稼ぎ出すビジネスモデルということに徐々に気づきました。

人をどやし、こき使い、派遣先から時給の数倍の人件費を獲得し会社の利益にする

というやり方はマジでおいしいな!と思いました。

 

周りは言葉はわるいですが、ろくでもない人が多いかったです。そんな中で派遣元の人の目にかかり、「将来うちで働かないか?」と誘われました。

これはマジで予想外でした。

とはいえ、テンションもあがらなかったですし、収入が不安定なので10ヶ月で辞めました。

人と話すのはわりと苦手ではなくなってた気がします。

日雇い派遣は新しい場所にいって仕事を教わらなきゃいけない、それで仕事をしないとお金がもらえない。

お金がもらえないと今日スーパーで食べるものが買えないという状況だったのでかなり貧相な感じでした。

 

学び

  1. 苦労=お金がもらえるは嘘
  2. 物事には表の意図と裏の意図がある
  3. 社会の成り立ちを理解する

このとき大学2年生です。

ゲームセンターでバイト軍隊並みの接客を叩き込まれる オタクな人たちと話す(人がまだ怖い)

不安定な仕事は×時給が安いのも×ということでタウンワークをみていたらゲームセンター時給1000円をみつけたので即応募し働きはじめました。

このバイト時給がいいからと思いましたが、接客技術がめちゃくちゃきつく軍隊みたいでした。

時給は1000円途中で昇給して1050円になりました。

待機時は常に笑顔。お辞儀は3種類の角度を使い分ける。報告、連絡、相談厳守。声の話し方、電話の受け方、クレーム対応の仕方、など短期間で叩き込まれました。

オタクでねちっこい性格の人や頭がおかしいお客さんなどよく相手にしてました。

 

人に迷惑をかけてはいけないという刷り込みがまだあるので、愚直に言われたことはこなしていきました。

 

結果、認められ昇給もしました。「真面目」にやっていると「信頼」されてくるのでここでも「卒業したらうちの会社で働かないか?」と話が出ます。

しかし、自分を押さえ込んで働いており、全ては金のためという心があるので全くテンションが上がらず。

 

このあたりで我慢しないとお金ってもらえないの?と懐疑的な気持ちが芽生えていきます。

そんな気持ちでモヤモヤ働いていたら、とんでもない業務上の失敗をしてしまい、いたたまれなくなり辞めました。

このバイトでの学び

  1. 「我慢」と「空気を読め」ば昇給する・評価される
  2. 頭おかしい人は普通にいる
  3. 接客技術を習得(マニュアルと教育システムのおかげ)

パチンコ屋でパリピ達と話す(人と話すのが苦痛)

時給で選ぼうということで、パチンコ屋さんのバイトをはじめました。

 

ちなみに僕はパチンコやスロットを一切しないのに僕を雇ってくださったこのお店にはめちゃくちゃ感謝しています。

 

時給は1200円〜1300円でした。

時給が高いとこにはどんな人が集まっているのか興味ありまくりでした。

ぶっちゃけると「要領がよく」、「人当たりがいい人」ばっかりでした。お金まわりがよく単位もとれて遊びも充実させているような人たちが多かったです。

 

仕事的にも今までで1番楽でした。というか、周りの人のレベルが高いので楽に感じたのかも。皆、学歴が高い大学生、社員の人も超有名大学出身の人ばかり。

 

そんな人たちで構成されている組織は、非常に合理的な仕組みかつ生産性が高い仕事になっていました。

 

なので、お金がすごくもらえるのに大変じゃないって状況になっていました。

この職場を経験したことで苦労・大変=お金をもらえる額ではないことに気づきました。

学び

  1. 楽かどうかは生産性できまる
  2. 大変さはもらえるお金に直結しない
  3. 要領がいいとこには要領がいい人が集まる

 

ということです。

まとめ

学生の方でこれから「バイトしなきゃ」って方の選ぶべきポイントは

  1. 時給が高い順にバイト並び替える
  2. 職種の生産性が高いかを検討する
  3. いやなら辞める

学生の場合、短時間でいかに高収入を得るかが大事ですよね。

これってつまり「生産性」を高い仕事をすることが大事です。

 

親の扶養に入る場合月に8万ぐらいが限界ですよね。

そしたら、時給8万とかであれば1時間で終わります。

さすがにこれは無理ですが、、という前提条件で考えてけばいいと思います。

時給1000円だと8万稼ぐのに80時間必要です。

時給1500円だと50時間程度ですみます。

空いた30時間をお金が勝手に入る仕組み作りに使いましょう!

お金が勝手に入る仕組みとは、資産を築くことです。

資産とは、株、ブログ、アフェリエイト、youtube、などです。在庫を持たず、商品回転が早く、勝手に売り上げが立つものが良いです。

資産がバイト代を賄うようになってくればあなたがバイトにいく時間を減らすことができます。

究極はバイトにまったく行かなくてもOKな状態です。

 

これは個人の偏見ですが、時給が低いバイトは学びが少ないです。

理由は、お金をもらわなくてもいいやって人が集まってくるからです。

そういう組織は向上心や生産性をあげることに乏しいです。

以上長くなってしまいましたが、バイトはなぜやるのかも大事!

ではいってらっしゃい!