技術以外に必要な物も自分の中で見出しておく。自分の場合は爆笑

スポンサーリンク
ライフ・生き方

どうもなおパパです。

人生はいかにつまらないを排除していくかである。

記事の結論は

技術をみにつけつつ爆笑する

 

稼ぐためには技術をみにつけたほうがいいです。

 

しかし、本質的なのって自分が技術を使って獲得したポジションでいかに楽しめるかなじゃない?って最近思います。

 

 

最近きづいたことですが、技術をみにつけるだけではつまらないのでは?と思いました。

 

技術はあくまで、仕事を引き受けるために必要な力であって、生活ためにみにつけたほうがいいもの。

 

ですが、仕事を引き受けれるようになってもそれだけではつまらないんじゃないかなって思います。

 

あくまで自分の場合ですが。

 

働いているときに周りの人と話して笑いがないとしんどいです。

 

つまり仕事しつつゲラゲラ笑ってしまう状況が最高ということです。

 

スポンサーリンク

笑いが必要かどうかは人による

出典 twitter

雑談が楽しいかどうかは人による。

世の中には相性というものがある。

 

だから、その人の話がちっともおもしろくない場合がある。

いくら給料がよくたって1日8時間つまらない話をきかなくちゃいけないのは退屈だ。

 

拷問に近い。

 

ゼネラリストはまわりがつまらないやつが多くても急に組織を抜け出してあたらしいところにいくのが難しい。

 

だからいざとなったら会社を辞めて「ここの人たちはおもしろそうだ」というところに入れる技術をみにつけといたほうがいいってことなんでしょう。

 

もちろん「人と話すのが苦手」「できれば誰とも話たくない」って人もいます。

そういう人もきっと自分がどんな環境でなら心地いいかわかるはずです。

 

慣れて飽きてきたら会社変えると思う

出典 地獄のミサワ

きっと、どんなにおもしろい!と思った部署、職場、人間関係でも1年ぐらいやったらきっと飽きるはず。

 

居心地がいいなって思い始めたらそこに満足してしがみつこうとしてしまうのでこれはよくない。

 

居心地がいいな〜って気持ちがあったら違う部署や会社にいって新しい環境にいく方がおもしろいです。

 

人間死んじゃったら資産10億だろうと10万円だろうと一緒なので

どうせなら日々すこしでも「うわ〜マジウケんだけど笑」って状況でいたいところ。

 

技術を身に付けつつ爆笑する

私は↑みたいな人がいる会社は無理だと思う笑。

いかにも「っぽい」じゃないですか笑

我が人生とは無縁!!

それよりも↓みたいな感じで「おはよう〜ドクターペッパ飲む?飲みかけだけど」って言ってくる人がいるとこがおもしろいと思ってしまう笑

まぁ、そんな感じです。

仕事してても腹抱えて笑っていたいということです笑。

 

イニシアティブが〜・・

スキームのエビデンスあるからKPI組んでローンチしようとか会議で言ってるとこにはいきたくないわな笑

もはや不毛

出典 NAVER まとめ

 

なので、技術をみにつけ勉強しつつ、腹抱えて笑える場所をとりにいきたいところです。

 

勉強や作業に疲れたら雑談しないとトータルできつい

自宅で仕事!

自宅でリモート!

って結構憧れというかフューチャーされてるんですが、自分の場合それって多分逆にしんどいと思います。

というか1,2ヶ月それが続いて「自分はあわねーわ」ってことがわかりました。

 

たまーに人と話して漫談みたいなことしないとセンスが死んでしまうようになるんですよね。

 

文章を書いたり、物を作ったりするのは最終的に人のとこに届くので、生身の人と接しないと感度が鈍る気がするんですよね。

 

「あ、こういうことしたら喜ぶんだ」

「あ、こういうこというと怒るんだ」

とか。

それは黙黙と作業してるだけでは得られないことだと思うんですよね。

 

肌感覚で人間が感じるとこを体感しないとって感じです。

 

要はバランスですね。

黙黙と作業だけでもなくゲラゲラ笑ってるだけでもなく

積み上げしつつ、会話しつつって感じで。

でその会話もよりエンターテイメントを求めていきたいってとこです。

 

なので、基本的には出社する人生を歩むようにすると思いますね。

電車移動で読書するの嫌いじゃない笑

電車の中でみたらやばいやつ↓爆笑する!