ブログを書く理由と子供の夏休みについて

スポンサーリンク
好きなこと・モノ

Youtuberのヒカキンさんが10周年の動画をあげていてYoutubeを始めたときの動画を引き合いに出していた。

それに感化され自分もブログの過去記事をパラパラと読んでみた。

よくこんなネタあったね。

と思いました。

我ながら、いやブログ続けてる人なら尚更思うかもしれないけれど、よくこんな書いてるなと思います。

 

最近に至っては、特にテーマも決めずダラダラと書いています。

 

スポンサーリンク

ブログを書くとなんかスッキリする。

ブログを書くとなんか気持ちがスッキリします。

自分の頭のモヤモヤが晴れるという感じです。

 

「それなら日記でもいいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが。

 

多分日記だと続かないんですよね。

ブログにはアナリティクスという機能がありまして、その記事が何回読まれたかわかるようになっています。

 

記事をアップするとPVがカウントされていくのでその数字を追いかけてみるのが楽しいってのがポイントです。

 

「あ、なんか読まれてる。ウケるなぁ」ってのがあるのでブログ書いてます。

「すっごい時間かけたけど全然読まれない!!ウケる!!」ってのもあります。

「すっごい時間かけたのに読まれなかった記事まとめ」とか暇すぎたら書くかもしれません。

 

ヒトデさんのブログだったかな?

台所の換気扇を変えただけの記事があってあれはおもしろかった笑

 

PVを狙わないで書いてるのでおもしろいです。

 

あとブログだと多少の成果としてお小遣いが発生するんです。

 

自分が買ってよかったモノは人に紹介してあげたいじゃないですか。

同じ悩みをもってる人の役に立たせられることができるのでいいんですよね。

 

子供が夏休み。自分の記憶を追体験

子供が初めて夏休みというものを経験しています。

自分の夏休みってなにしていたっけ?と記憶を追体験していくのがおもしろい。

 

小学校の話とかをきいてると自分も小学生になったような感覚になります。

 

改めて思うことは「小学生って大変だな」って思います。

まじで厳しい環境だなぁと。

 

義務教育だから勉強しないといけないのが決まっちゃってるわけです。

しかも最初基礎的なとこだからつまらないですよね。

 

あと今はコロナ禍だからギャーギャー騒ぎにくいみたいなんですよね。

 

あとラジオ体操がない!

 

私の小学生のときって毎朝ラジオ体操を通学班の班長の家にいってやっていました。

 

朝の6時半ですよ!

6時半!!!

 

スーパークレイジー君ですよ。

 

いまだにあれは謎の儀式だった笑

 

ネットのない時代だから「おかしくね?」って議論が起こらない時代だったんだろうなと思います。

 

あとは今の夏は暑すぎる!

外に出るの危険!とか自分の子供のころとかはなかった気がする。

 

まぁ時代ですよね。

 

土日祝日休みの仕事になったので夏はたくさん遊ぼうと思います!

 

では!!