大企業辞めるのはもったいない?大企業を退職して1年ほどたった感想

スポンサーリンク
好きなこと・モノ

大企業って言われてる会社を退職して1年くらいたちました。

1年前は退職する自分を正当化していて辞めた方が絶対いい。と100%思っていました。

自分の選択は間違っていないと信じ切ってました(そうじゃなきゃ勇気をもって退職なんてできなかったです)

 

大企業を退職して1年たった大企業の感想として 大企業は
・労務管理がしっかりしている(残業代とか)
・福利厚生が超凄い
・いろんな部署がある(謎の部署も)
・出世競争がめんどくさい
・知ってる人が新サービスの会見とかでTVにうつる。
・人が多様性に満ちている(コニュニケーション大変)
この記事では大企業に11年勤めて退職して1年たった作者の感想記事です。
結論としては、
人間関係がよかったら続けられていたかもしれない。つまり仕事で人間関係って重要。
スポンサーリンク

労務管理がしっかりしている

労務管理がしっかりしていたなと思います。

15分単位でしっかりと残業代が計上されていましたし、月の残業時間が10時間とかオーバーすると警告の連絡がきたり、いかに残業しないで業務をするかということになっていました。

本社は残業代が支給されなくてかわいそうだなと思っていました。本社の人の話だと18:00で強制的にオフィスから追い出されるらしい(今はどうか知らんが)

自分がいた会社も時代とともに労務管理が厳しくなっていった印象。

ことの発端はグループ会社の人が労基にサビ残の実態を暴露したから。

それで未払い残業があるかないかとかの話になっていった。

 

そこらへんは大企業でよかったと思う。大企業は世間体もあるからそういうイメージが悪くなることを揉み消せない。(揉み消した方が株価とかリスクがでかいから)

中小企業とかだったらもみけされてるかもしれないなぁ。

 

残業するなって風潮で1番大変になるのは中間管理職だよね。

末端の業務にあたるスタッフの残業が増えると管理ができてないってなっちゃうからね。大変だと思います。

福利厚生が超凄い

福利厚生が超凄いってのは言い過ぎかもしれないけど

多方面でいろんな割引が受けれるのはよかった。

宿泊とか、有名テーマパークとか「こんな値段でいけちゃうの?」ってレベルだった。

あとは、自分がいた会社は本当になんでもやってる会社だったから、例えば携帯買いたいとかおもったら安く変えるし、家電も安く変えるし、生活雑貨なんでも。

 

あとは、衣料品も爆安で買えていた。働いてると「もう売れなくて困ってる爆安でいいから買ってくれない?」なんてことはよくありました。

住宅ローンも安くなるし、保険もやってるし、自動車保険も団体割引だし

生きてく上で必要なものは全て揃ってるって感じ。

 

ほんと揺り籠から墓場までって言葉がよくあてはまるなぁって印象だった。

 

住むところも会社が借り上げてくれる。なので生活の固定費はめっちゃ安かった。

お金を貯めようとおもったら相当たまるんじゃないかな。

仕事と社宅の往復で生活に必要なものは安く買えるし。

いろんな部署がある(謎の部署も)

大企業だからかはわからないけど、本当にたくさんの部署があった。

この部署何してるの?って名前聞いただけではよくわからない部署があったり。

 

自分が働いていたとこも効率的に部署があって、何かこまったらその専門部署があるから助かっていた。

例えば、税金のことがわからなかったら総務部があるのですぐきけたし、仕事の計画立案とかですぐきける環境がありました。

宣伝ツールでこういうのあったらいいなぁと思ったらかっこいい販促物を作ってくれる部署もありました。

今振り返ってるとこれってすごく「整っていた」んだなぁって思います。

 

なので全てを自分でやらなくていいってことですね。

逆をいうと、「それ俺の仕事じゃないんで」って言われてしまうこともあります。

出世競争がめんどくさい

出世競争がめんどくさい。

大きい会社ってピラミッド階層がすごい。

だから上に上がっていくのはものすごい実力、やる気、根性、評価、世渡り上手、そして運がないと厳しい。

いい人は上にいけない印象。

人に嫌われてる人のほうが上にいける。

よく考えてれば人に嫌われるような人でないと管理職ってできないと個人的には思います。

正しくは人に嫌われてもまったく気にならないメンタルを持った人。

そういう人がたくさん集まってくるので「めんどくさかった」んだと思います。

知ってる人が新サービスの会見とかでTVにうつる。

これは後から気づいたんですけど、でかい企業だとよくテレビに出るってことです。

ニュースで取り上げられることも日常ですし、新サービスの発表記者会見とかで知ってる人が映っていて「へぇ」と思っていたり。

あとは、でかいとネームバリューがすごいので〇〇で働いてます。って話をすると相手の理解が早いのが楽でした。

 

テレビに知ってる人がよくでてたりすると、メディアに出るのはそんなにすごいことではないんだなぁという気持ちになりました。

 

「いつかは自分もあのポジションに!」という気持ちにはならなくて

むしろ顔バレしてめんどくさいなぁという感想を持ちました。

人が多様性に満ちている(コニュニケーション大変)

人が多様性に満ちているってのが大企業の1番の特徴かもしれない。

全国から集まってきてるから言葉も違うし、方言は飛び交ってるし、

関東と関西のノリも違う。

なのでそういった多様性の中やってくってのは自分の場合はめんどくさかったなぁと振り返ると思うのです。

 

自分は田舎出身なのでローカルな感じがちょうどいい。

無理しないで行こうと思います。

 

最後に

大企業はおいしいです。

いろんなお得がいっぱい!。福利厚生充実してるし。

ノリが合うなら働き続けるのがいいと思います。