【保育園に預ける罪悪感】を感じた子が2歳のとき。罪悪感への向き合い方ウチの場合。

スポンサーリンク
ライフ・生き方

保育園に預けるのって当たり前のようだけど、親としては罪悪感もあるって話です。

子供が産まれて,子供のために専業主婦として行こうと思ったけど育児がしんどくなってきて、もう働きたい、外の世界に出たい。

 

そんな悩みを抱えていませんか?

 

でも親として子供を保育園に預けて自分は働きにでる。

 

それは、逃げにあたるんじゃないか??

 

そんな葛藤が生まれている方向けに自分の家族の経験を1例としてブログに書きました。

この記事は、

・子供がイヤイヤ期に入って育児がしんどくなってきた。

・ずっと家で一人で育児がしているのがしんどい。もう外にでたい

 

そんな方におすすめです。

 

2019年5月8日 4歳 認可保育園2年目を追記しました

 

正直、育児に必勝法や「絶対」なんてないですよね。

でも悩むときって色々とネット検索しますよね。

自分もそうでした。だって子育てってわかんないから。

わかんないなりにやってくしかないよね。

保育園へ預ける罪悪感はどう解消する? 働くママが実は"しなくてもいいこと"
今回は、『いい親よりも大切なこと~子どものために"しなくていいこと"こんなにあった~』(税込1,296円/新潮社)を出版した保育企業家の小竹めぐみさんと小笠原舞さんにインタビュー。「親子が楽になる術」について聞きました。

こちらの記事を読んで思ったことを書いていきます。

 

 

結論は、保育園に預けることは心が痛むのも事実。だけどそれもベストの選択と自分に言いきかせやるべきことをやり、子供と一緒にいれる時間の質をあげればいいんじゃないの。という話です。

 

スポンサーリンク

私たち夫婦が子供のとき親は忙しくて家にいなかった。だから自分たちの子供は一緒にいてあげたいと思っていた。が、、、

私もママも子供のころ、父親は仕事がいなくて家にあまりいれない。

そんな家庭でお互い育っていたんです。

たまたまかもしれんけど。

 

だからうちらは、子供が産まれたら子と一緒にできる限りいてあげたいと思っていました。

 

特にママはそういう気持ちが強くてとにかく一生懸命この子のために時間を使い懸命に育てて行きたいという意思を私は感じていました。

 

でも現実は、厳しい!

乳児のころはまだなんとかやっていけていた。。と思う

こんなこと言ったら怒られそうかもしれないけど。乳児のころはとにかく用心深く注意してオペレーションを行っていけばなんとかなっていた。

 

ミルク作ったり入浴したり、寝かしつけ、夜起きても抱っこしてあやしたり。

 

とにかく経験していけばパターンがわかってくるのでなんとかやれていた。

問題は、歩き始めてからが大変さがましていったんです。

とにかく動き始めるともう余裕がなくなってきましたね。

 

目が離せないし、どこいくかわかんないから買い物も夫婦でできなくなっていきました。

片方が子供みて片方がパパッと買い物してくるみたいな。

 

そういったことで夫婦でゆっくり過ごす時間も少なくなっていくのです。

子供はかわいい。

けど手もかかるし、ママはそれにつきっきりになるのもザラでした。

2歳でついに発動イヤイヤ期

これね。

桃鉄でいうと貧乏神につかまってしまったような状況なんです。(3歳のときにはキングボンビーになるよ)

 

もう、あらゆることが思い通り計画通りにいかなくなってくるんです。

「やだやだ」「いきたくない」

こんなことが日常茶飯事なのでとにかく引き出しをたくさん持っていた方がいいね。

 

気をそらしたり物でつったり。

最初はイヤイヤもなんとかなっていたんですけど、2歳数ヶ月になったときにもうママが限界にきていた。

 

・孤独でしんどい

・イライラして子に当たってしまう→自分を責める→悪循環

・子が憎くなっている感情が辛いと

 

それは私も同じようなことを思っていました。

 

子が小さいときは

なんてかわいいんだ!

天使!

ずーっと見てられる!

そう思っていたのに。。

思っていたのに。

よくニュースで児童虐待のニュースがでるけど、あれはほんとに育児していると紙一重だと思いましたね。

 

もちろん子供はかわいいんだけど、あまりの攻撃に憎悪の気持ちがね生まれてきたんですよ。

イラってしてくるやつね。

 

その感情にはー親としてどうなんだろうかとか自問自答した時期もありましたね。

このままではママにとっても子供にとってもよくない。パートにでることを決意

怒ったりイライラする機会が増えていたのでもう保育園に預けよう。

そういうことで仕事を決め、認可外の保育園に入れて保育してもらう生活が始まりました。(現在は縁があり認可の保育園です)

保育園に初めて預けるときはかなり気持ちの波がきましたね。

 

罪悪感ですね。

自分たちでどうにもできないから。

子供を保育園に預けて距離を置かなくちゃいけない選択をしなくてはならなくなったことに対しての罪悪感ですね。

もう、初日預けにいった日の子供の泣き顔は一生忘れないですね。。

 

しかーし

 

数日たったら保育園もちゃんといってくれるようになったので救われました。

ママも仕事が始まって、子供と距離を置く時間ができたのでよかったと言っていました。

職場で人と話せるのが嬉しいと言っていました。

そりゃそーですよね。

子供と向き合って子育て育児するよりも、、

 

仕事してるほうが楽だぜ!

ごめんねじゃなくてありがとうを大事にしてます

保育園へ預ける罪悪感はどう解消する? 働くママが実は"しなくてもいいこと"
今回は、『いい親よりも大切なこと~子どものために"しなくていいこと"こんなにあった~』(税込1,296円/新潮社)を出版した保育企業家の小竹めぐみさんと小笠原舞さんにインタビュー。「親子が楽になる術」について聞きました。

保育園に預けちゃってごめんねっていう意識で子供と接していると子供が不安な感じなってしまうと思うんです。これは感覚的な話ですが。

 

親が怒っていたり機嫌が悪いのって子供は瞬時に察知します。「どうしたの?」とか言ってきます。

 

なので「うちらはなんて保育園に預けてダメな親なんだー」という意識で子供と接していると子供の自己肯定感が低くなっちゃうと思うんですね。

 

僕は保育園にいってるのにどうしてパパママは悲しそうなんだろう

そんな気分にさせちゃうと思うんですよ。

なので

今日も元気に保育園いってくれてありがとう。おかげでパパもママも仕事ができたよ。

というように言ってます(忘れるときもあります笑)。

 

大事なことなので寝る前にちゃんと私は言葉にして伝えています。言葉で伝えるのいいですよ♪

あと元気にいてくれてありがとうっていうのも言ってますね。

 

そういうこと言っているんですけど、子供は意味わかってないかもしれないですがニコ〜ってしてくれてます笑

 

とにかく「僕が保育園にいってたらパパもママも元気なんだな」って思ってもらえたらいいですよね。

 

そのぶん一緒にいれる時間は大事にしてます。(そうできないことももちろんあるよ)

 

朝の忙しいときも抱っこをせがんできても精一杯してあげます。

 

子供自身もそれでメリハリがついているような気がします。

 

保育園送っていって教室入ると子供のギアが変わったようにみえます。

指しゃぶりも家ではするけど保育園ではしてないようです。

3歳でもオン・オフがあるんですね。

 

まとめ

保育園にあずけようか、子供と距離置こうか迷っていたら、行動してみるといいですよ?

正解なんてないので、家族で決めたことがきっと正解なんですよ。

やってみて違うな〜と思ったら変えちゃえばOKですよ!

変えれるのは自分しかないですよね

 

子供4歳、認可保育園2年目、罪悪感はどうなった??

2019年4月現在子供は4歳になり、幼稚園でいう年中組にあたるクラスに日々元気に通っています。

家に帰ってくると楽しかったことを延々と話します。

イヤイヤも最近は減って来ました。

2,3歳時はマジで大変でしたが最近は聞き分けもかなりよくなってます。

 

保育園に入った瞬間ダッシュで自分のクラスに行くのでよほどお友達と遊ぶのが楽しいようです。

 

大人は都合がいいもので、子供が成長すると大変だった時のことを忘れがちになりますね。

 

2歳半のときかなり悩んで保育園に入れましたが、今では入れて本当によかったと思います。

悩む以上に自分たち夫婦の決断を信頼して尽力してきたのがよかったんだと思います。

一度決めたらとことん突き進んでみるといいですよ。