本音を言いすぎず、相手に勝たせてあげる。君の不戦勝でいいよ。

ライフ・生き方
スポンサーリンク

どうも‼なおパパです。

最近、本音を言いすぎず、相手に勝たせたほうがいいと思い考えを残しておきます。

 

世の中生きているといろんな人と共生しなくちゃいけません。

理想はできるだけ関りは少ないほうがいいですが、

当然こちらが距離をとっていても近づいてくる人もいるのも事実です。

 

そんなときは「相手を勝たせてあげるといいかな」と最近思います。

 

スポンサーリンク

すごい!すごい!(うっせーばーか)でいいと思います。

相手が何かを自慢してきたり、正当性をアピールしてきたりするのは大変面倒です。

さらに、そういう人は、おせっかいまでしてくれます。

 

「絶対やめといたほうがいいよ~」

「大変だからやめときな~」

 

ときいていて「あれ?君は預言者ですか?神?」と思えるような発言をしてくるので内心おもしろくてしょうがないんですね。

 

理論的な返しをすればきっと口論ぐらいはできるでしょうが、何分もったいないです。

エネルギーの無駄の消費が半端ないです。

 

言い負かしたところで得るものってあまりないです。

 

君の不戦勝でいいよ!おめでとう!

作業や自分の平穏な生活を邪魔されるぐらいなら「はい!君の不戦勝!おめでとう!」で終わりにしちゃっていいと思います。

 

少年漫画みたいに張り合わないで。

 

張りある時間のほうが「無駄無駄無駄無駄!!」

出典 twitter 

 

本音も言わなくてOK

理論てきな事実を説明しても通じない人がいるのも事実です。

そういう場面もあるので本音をいう必要はないんじゃないかな。

 

褒めて、尊厳をもって相手に接しておくということで。

 

この人に何を言っても無駄だな~と見限ってしまったほうがよいです。

 

大体、面倒な人ってのは必ず攻略法があります。

それを見出して対処していけばOK!

 

真面目なタイプな人ほど正義感でガッと前に反論しちゃいがちです。

 

会社や学校のような公共な場で「本音」を言ってる人なぞほとんどいないと思います。

 

みんな「建前」でまわしてるとこはありますよね。

だからこそ公共の場で本音をさらけだしてしまうと逆に危うくなっちゃう場合もあるので注意が必要です。

 

大事なのは自分の人生に集中すること

大事なのは周りの人にどうこうされるよりも

自分の生活・人生に集中することです。

 

自分がよければよし!

というかまずは自分がいいって思えてくればおのずといろんなことがうまくいき始めます。

 

マイペースに、自分の歩幅で進んでいくべきです。

 

最後に

この人めんどくさいなぁってときは

・相手に勝たせてあげる

・不戦勝おめでとう!で終わりにする

・本音は語らない

ってことでいいと思います。