生きづらさを感じているのは背負ってるものがありすぎるからでは?

ライフ・生き方
スポンサーリンク

どうもなおパパです。

なるようになるし、生きてる限りなんとかなる。

ということを過去の自分(20代後半くらい)に伝えたいのでこの記事を書きます。

 

まず過去の私は非常に生きづらさを感じていました。

背負ってるものが多すぎたからです。

 

・会社で出世してたくさんお金を稼ぎたい。

・結婚して子供を授かり家族形成したい

・いい車にのりたい

・マイホームを建てたい

・貯金をたくさんしたい

・休日は趣味に没頭したい

 

ここでいう趣味は

・スポーツ

・アウトドア

・キャンプ

・ロードバイク

などです。

こういった状態になりたいと思っており、日々疲れていました。

 

昔は「アクティブ・ポジティブ」になれば物事はうまくいくと思っていました。

ですが、そうでもないんだよということを伝えたいです。

 

スポンサーリンク

満たされないなら背負ってるものを捨てよう

多分、今本業で仕事をして家に帰って家庭の中での役割をこなし、休みは自分の趣味をやったりどこにでかけようかとネットで調べて「アクティブな自分かっこいい!充実してるぜ」

とかとおもってませんか。

 

実際のところそれは「自分に酔っている状態です」。

本当に日々いろんなところに行きまくるのがいいですか。

 

朝からゴロゴロキングダムを1巻から60巻まで読んで、昼に家でレモンサワー飲みながら刺身とか食べて、コーヒー飲んでYoutubeみてゴロゴロ昼寝する

とかのほうが幸せに感じたりしませんかね。

 

 

最初のほうににあげた自分が背負っていた理想っていうのは、その状態になりたいんじゃなくてそうなったら「なんかうまくいくんじゃないか」と漠然とした救済の道を自分で渇望していたんだと思います。

 

誰だって人の上にたてばうまくいくと思いたいじゃないですか。

会社では上役になれば給料も上がりできることも増えるでしょう。

ですがそれ以上にそのポストのプレッシャーもあるわけです。

 

じゃあなにか?自分はどうすりゃいいんだ?今がつまらないし満たされないし辛いんだけど」って思いますよね。

 

自分なりの結論は「いいも悪いもない。だからせいぜいマイペースに生きてくれや」です。

 

自分がいまそこで生きてるのはたまたまなんだよってことを理解しておく

もし、能力とかでがっつり年収が変わってくるという側面しかみてないなら少し危ないと思う。

 

日本の平均年収は422万円

アメリカの平均年収は568万円だそうです。

平均で140万円も差があります。

ベトナムの平均年収は30万円です。

では、これらの平均年収は能力差からきているのか「たまたまその国に生まれてしまったから」どちらでしょうか。

 

どちらにも原因があると思います。

 

もちろん能力で変化を起こせることは十分ありえます。

が、たまたまあなたが日本にうまれてこれたから、今の生活ができてるんですよね。

じゃあもしあなたがベトナムにうまれていて今と同じ生活水準を保てる自信はありますか??

多分自信満々に「ある」とは言えないんじゃないでしょうか。

 

なので、人は「その時代、その国、生まれた環境」で結構決まってしまってるという事実を受け入れると少し背中が軽くなると思います。

 

もっとマイペースでいい。自分なりの満足メーターを構築すればOK

なので、とにかくもっと何者かになる必要なんかはなくて、普通になんとなく生きるだけででOKってことです。

仕事やるだけで精一杯。

むしろ仕事もこんなにやりたくない

それ普通!

そんなもんでOK

 

あと思ってるものはそんなホイホイ手に入らない。

期待すべからず。

 

自分がもっているもの

できることで楽しむのを模索すればOK

ということでいってみましょう!