住む環境が変わったら外食しなくなった。自炊は健康、お財布に強い!

好きなこと・モノ
スポンサーリンク
ウイイレ悩み君
悩み君

自炊が健康にいい。経済的にいいとわかっているけどなかなかやめられない。どうすればいいんだろう

どうもなおパパです。

最近引越しして住む環境が変わりました。

結果外食しなくなりました。

 

今まで:好き放題外食していた

現在:家にあるもので食えないか検討、スーパーで買ってくるという感じになりました。

 

結果的にすごく節約になっていると思います。

 

スポンサーリンク

家に食材があるとなんだかんだ食える

家にいると家に食材があればそれを食べるようにしました。

家でパパッと食べるのがお金もかからず短時間ですませられるからです。

 

今までは「どこでおいしいもの食べようかな」という意識ばっかりでした。

しかし、現在では質素に暮らしていこうということで家でご飯を食べるのが基本になりました。

 

 

自分がよく買う食材

自分がよく買う食材は

・納豆

・ブロッコリー

・オクラ

・ペットボトルのアイスコーヒー

・シーチキン

・豆腐

・とり肉

・牛乳・豆乳

ぐらいですね。

でたまにチューハイ(週に1本)ぐらいです。

これぐらいでまわります。

 

自炊を継続させるコツ

個人的な感想ですが、自炊を継続させるには

・自炊しやすい環境を作ることが大事だとか感じました

具体的には

・情報を減らす

・付き合いを減らすといったことが有効です。

詳しく書いていきます。

これは自分の実体験ですが、

時間があれば自炊することは大いにメリットがあります。

①健康的

②経済的

③時間の確保

この3点でメリットがあると思いました。

①健康的

自分で作る材料や味付け調整できるので健康思考なメニューを食べることができます。

自分は外で食べるごはんは味が濃いと感じます。

味がこいとご飯を掻き込むようにたべるのでせわしないです。

自炊をすれば薄味だったり、バランスよく食事を撮ることができます。

②経済的

家で自炊をすれば外食ばかりしてるよりも経済的です。

ちょっとしたおかず料理にチューハイを1本飲めればそれだけでとても幸せな気分になります。

自炊になれてしまうと外食での全てが高く感じてしまうので不思議です。

③時間の確保

自炊をすると外に出かけてご飯をたべてくるよりも時間を節約できます。

パパッと料理を準備してお風呂に入って風呂上りにご飯をたべれるのって幸せだと最近きづきました。

外に食べにいくと時間かかる、お金かかるでWパンチなんですよね。

自炊をルーティーンにしてしまえば家族でまったりする時間も増えます。

 

自炊が継続できていて自分でもびっくりしています。

 

自炊を継続するには情報を遮断するのが大事です。

インスタやSNSで〇〇にご飯いったー!おいしいご飯作ったよー!などと盛りに盛られた写真なぞ遮断してしまいましょう。

そういうの見ると作るのが萎えます。

自分だけの過去の作った料理を写真でとって見返すぐらいがちょうどいいですね。

最強ワードは「ヨソはヨソ。ウチはウチ。」精神ですね。

もちろん同じレベルぐらいの人が工夫して作ってるのとかは調べてみていいと思います。

調べるよりかは冷蔵庫の中身みたほうがいい場合もありますよ♪

自炊を助ける味方

とはいえ、「自分でメニュー考えるのがめんどくさい」「スーパーまで買いにいくのがめんどくさーい」と思っている方も多いはず。

何を隠そう僕自身「うわ、つくるのめんどくさーい。いいや食べに言っちゃおう」という人でした。

 

例えば「ヨシケイ」さんや「コープ」さんを使って家に食材をとどけてもらうようにしてもいいかもしれません。

卵や牛乳など定期的に消費するものは定期便を使った方が手間を省けますよね。

夕食の食材を家にとどけてくれるサービスもあります。

献立作りの悩みを解決! 夕食食材宅配サービスの【夕食ネット】

スーパーで買ってくるのが飽きたらこういったサービスを使ってもいいですね♪

 

最後に

自炊は絶賛ハマり中です。どれぐらい継続できるか頑張ります!