スーパーでお買い得商品が陳列されるあの場所と理由。【買物上手】

好きなこと・モノ
スポンサーリンク

こんにちは

 

みなさんはスーパーに行ってする買い物は好きですか?

スーパーっていろんな物が売っていて楽しいですよね。

 

私は昔小売関係で仕事をしていた経験から、

 

今日はスーパーについての雑学を記事にしました。

 

 

いろんな品種や価格帯も様々だし何買おうか迷ってしまわないですか?

 

私は結構迷ってしまいます。笑

 

例えば、醤油買ってきてと言われて醤油コーナーに行くと醤油だけで何十種類も置いてあったりするじゃないですか。

 

 

これもいいなー

 

あれ?これとこれは何が違うんだろう??

 

なんでこっちは30円高いのかな??

 

うーん。。。。

 

と、悩んだりしませんか?

 

悩まなければあなたは素晴らしい買い物マスターです!

 

もし悩んでしまう方でしたら、今日の記事は今後少し参考になるかもしれません。

 

せっかくならお買い得商品をたくさん買って楽しく買い物したいですよ。

 

でもぶっちゃけ何がお買い得かわからないじゃないですか。

 

 

ちなみに今回の記事では

 

お買い得商品とは

 

店が売ろうとして値入れ率(原価に対して販売店が利益として取れる分)を下げ下げにしてどうぞ買ってくださいとしている商品。ぶっちゃけ店としてはもうけあまりないんです(汗)

 

とさせていただきます。

 

結論から言うと

 

店側が利益率を削るリスクをして値引きをしている商品は通路の真ん中のワゴンに並べて売られることが多いよってことです。

 

スポンサーリンク

通路のワゴンで売られているのはかなりお買い得商品の可能性が高いです。



通路のワゴンと書きました。

 

具体的にどこの通路かといいますと。

 

スーパーって大体の方はコの字型に買い回りをすると思います。

 

お野菜みて魚みてーお肉みてー惣菜コーナーみて会計!

みたいな。

 

その丁度野菜を見終わってコーナーを曲がってよくお魚とかお肉が売っている直線ゾーンに入ると思います。

 

この直線ゾーンにワゴンが陳列されていて大きな値札で価格が強調されている場合お買い得商品の可能性が高いと思います。

 

お店側がそこにお買い得商品を置く理由として考えられるのが、

 

広告に掲載されているお値打ち商品を多箇所展開で陳列し販売数量を伸ばしたいから。
ある部門(例えばお菓子・加工食品部門)の当日の売上予算がもう少しで達成できそう。残りの営業時間を考えて値引きして売上取りに勝負をかけるから。
他にも色々ありますが、このへんがメインかと。
余談ですが、数量を間違って発注してしまい在庫を持ちすぎてしまった場合の叩き売りとかもミラクルな事象ではありますが、たまにあったりします。笑

お店の売り方の意図が見えてくると買い物もレベルアップできますよ

 

 

 

今日は通路ワゴンのお買い得品について書きました。

 

お店が実はこういう気持ち・意図でこの商品を陳列している。

 

そのことが購入する私たちがより良く分かれば、さらにいい買い物ができる気がしますね。

 

ではでは今日はこのへんで。
*今回の記事は個人的な見解であり、全てのスーパーで当てはまらないこともあります。あくまで普段の買い物をいつもよりちょっと楽しんでもらうための参考の一つとしていただければ幸いです。