会話を途切れないで済ませられる方法。1対1での会話が苦手な人向け

好きなこと・モノ
スポンサーリンク

どうも!なおパパです。

今回は「人との会話を途切れないでもたす方法」についての記事です。

私はいろんな人と1時間くらいなら話せと言われれば延々と話していることができます。(1対1ですが)

仕事柄そういうことをやっていました。

 

1対1で会話が苦手・・

会話しても終わってしまう・・

という方むけとなっています。

結論をいってしまえば、会話を続けるポイントは

「質問」と「共感」です。

この2つを駆使すれば延々と会話を続けることができます。

 

スポンサーリンク

会話を続けたいなら相手にたくさん喋ってもらおう

よく会話を長く続けたいなら、自分がたくさんしゃべらなきゃって思っているかもしれません。

ところが、自分がたくさん喋るより、相手にたくさん喋ってもらったほうが会話を長く続けることができるんですよ。

 

それに相手が気持ちよくしゃべってもらうことができれば相手はあなたを好意的におもってくれることが多いんです。

 

逆に自分ばっかりしゃべってるとき、相手はつまらねぇなと感じているかもしれません。

 

たまに話を聞くのが好きな人がいます。

ですがそういう人は質問するのがうまい人です。

 

おそらくあなたがたくさんしゃべっているときって相手が自分が気持ちよくしゃべれるような質問をしてくれているのです。

 

私が実際に仕事で使っていた質問順序

私が仕事でうやっていた手法について書きます。

1当たり障りのない質問(天気、気分、交通手段)などを聞く

2 同調してあげて次に好みの質問(好きな物、食べ物、趣味、習慣など)

 

って感じで質問をしていました。

最初は、

「今日は暑くないですか?」とか「車混んでましたか?」

みたいな感じで当たり障りないことを聴いてきます。

で、その回答からどんな人か予想してきます。

 

例えば、「混んでてまいっちゃうよ〜」って人には「めっちゃ混みますよねあの道・・!」

と共感をいれてあげます。

この時点で「渋滞とか並ぶことは嫌いな感じか・・」ということがわかります。

なので、例えばお店の話とかにもってくんだったら空いてるお店の話とかそういう引き出しをチョイスします。

 

質問に答えてくれたらのっかりましょう

質問に答えてくれたらガンガンのっかりましょう。

「そうなんですねー!」

「おおー!」

「へぇー!」

などと合いの手をいれてきましょう。

すかさず深堀する質問をしていきましょう。

「車結構乗るんですか?」「なんの車のっているんですか?」

とか質問してく感じですね。

 

好きなことをきいて答えてくれたら絶賛しよう

相手にとって話しやすいのは当然自分の好きな話題です。

漫画、アニメ、ファッション、映画、なんでもOKです。

好きな漫画なんですか?とか言ってなんか答えてくれたら絶賛して

どんなとこがどんなふうに好きか語ってもらうことをおすすめします。

 

自分が話すのは相手が質問してきてくれたら答える感じでいいと思います。

 

自分で何を話すよりも自分がきになることを考えよう

会話を続けたいときは、自分で話すより相手のどのあたりが気になっているか、そしてそれをきいてみるようになると会話めっちゃ楽になりますよ。