結果ではなく過程を意識していったら毎日めちゃ楽しいと思う

スポンサーリンク

やる気がでないときに評価すべき3つのこと。

なんでもうそうですが努力って結果がでないともうやる気おきなくなりますよね。

成功体験がたくさんあればいいですけど、あれだけやったのに結果がともわないともう気力も無くなってしまう人は多いんじゃないんでしょうか。

そんな時

最近youtubeのこちらの動画をみてめちゃくちゃ気づかされました。

 

結果を求めすぎて疲れちゃうときは

以下の3つを評価するようにすると気持ちが変わってきます。

スポンサーリンク

褒めるべき3つのポイント

褒めるべき3つのポイントは

・行動

・努力

・決定

の3つです。

例えばテストで満点💯の点数だけではなく

そのテストの点数を取るために勉強法を友達に聞く行動をしたり

前回間違った問題から解くよう努力する。勉強する時間を朝やる決定をした

というように自身のプロセスに焦点をあてるといいよってこと。

このプロセスがうまくいくと努力が楽しくなってきて気づいたら結果が出てるよってことです。

 

これで大事なのはテストで80点目指してて50点だったとしてもまったくヘコタレないメンタリティーも必要です。

普通の人だったら凹むじゃないですか。

でも、この3つのことを褒めてあげる癖がついている人ってのは点数とかまったく気にしてないんです。

自分のやってきたところのここを変えてみようとかむしろ楽しい気分で過ごしているんじゃないですかね。

会社勤めでも成果にとらわれてしまうと人生つまらなくなる。

会社勤めでもそうですよ。

年収とか売上とか結果・結果ばかり追い求めては心が疲弊してしまいます。

もっと日々の過程を楽しめたらいいんです。

例えばバイトとかでめちゃくちゃ暇な日とかあるじゃないですか。

5時間のバイトで1時間が2時間ぐらいに感じる日ありますよね。

そういうとき例えばそのままぼーっとしているのか

人間観察をして可愛い子を探して今日は何人可愛い子みつけれたから何ポイントとか頭の中で考えて暇つぶしするとかそういうつまらないことを楽しむ精神でいるのが大事ですね。

その積み重ねを継続するとブレイクスルーがやってきてとんでもないことが起きるわけです。

ということで結果だけでなく行動・過程に目を向けましょう