子供がYoutubeとSwitchばかりやっていて親として思うこと。

ライフ・生き方
スポンサーリンク

どうもなおパパです。

子供がYoutubeとSwitchばかりやっています。

1日に数時間は確実にやってますね。

 

結論として、「好きにやってほしい」ということです。

 

スポンサーリンク

Youtube以上に魅力的なものを親として子供に提供できない。

「Youtubeみすぎじゃない」って親として言うべきでしょうか。

私は「別にいいんじゃないかな」ということです。

だって自分も「狂ったように長い時間音楽聴く」し「死ぬほどゲームやる」し映画も漫画もみたいです。

なので子供に対してだけ「みすぎ、だめ」は言えないな〜というのが率直な感想です。

 

じゃあなんでちょっと子供がYoutubeばっかりみてるのが気になってしまうのか。

それは自分の子供時代に「Youtube」がなかったからでしょう。

 

自分が子供時代にない物に対してどれだけ許容できるか

自分が子供時代とは全く違うぐらいの認識でいたほうがいいなと子育てをしていて感じます。

・tiktok

・インスタ

・ライン

とか自分の子供時代にはなかったですよね。

なのでどんどん子供にはやってみてほしいですね。

 

多分「それいらなくない?」ってのが今後大事なんだろうなと思う。

親からしたら「それしょうもないなー」って思うようなこと。

そういったものに価値が発生してくるんだと思います。

例えば、2000年代なんかに「Youtuber」とか「アイドル」とか職業として「は?」って感じだったと思います。

それが時代がかわって「Youtuber」って価値があがってくると様子がかわってきますよね。

 

だから親は子供の人生を奪ってはいけないと強く感じます。

もちろん、怠惰、堕落、挫折、はきっと起こり得ると思うんですが、そのときは一緒に悩んで話をきいてあげれる存在でいたいなと思います。

 

ゲームやYoutubeの感想を話題にして会話をする。

なるべく子供のやっていることに対して話を振ってあげるように心がけていきたいと思います。

「あのYoutubeどのあたりがおもしろいの?」

「今日のゲームの調子はどうだった?」

とかなるべく感想をきくようにしてあげたいです。

子供を制御することはしない。

さすがに、アダルトな内容はでないように設定してます。

ですが、それ以外のことは許容してます。

まさに手抜きと言われてもしょうがない笑

 

まぁゆるく生きていってほしいので詰め込まないつもりです。

 

今日はこのへんで。、