Kindle Unlimitedでおすすめの本5冊を紹介します。1ヶ月で何冊読める?

買ってよかったもの
スポンサーリンク
ウイイレ悩み君
悩み君

KindleUnlimitedっていう読み放題サービスがあるみたいだけど、果たしておもしろい本は読めるのかな

 

kindleiunlimitedでみつけたおもしろい本を紹介します。

kindleunlimitedは膨大な数の本が無料で読み放題です。

読み放題だからこそ案外読みたいと思える本をみつけるのは難しいものです。

 

そこでkindleunlimitedを登録したものの、いまいち面白い本に出会えてないという方向けに個人的におもしろかった本を10冊ピックアップしました。

ぜひ参考にしてみてください。

たくさん上げすぎるとめうつりしちゃうと思うので、「これは!」とおもった感覚で本決めるといいですよ。

スポンサーリンク

KindleUnlimitedおすすめ本5冊

一つの会社に縛られずマルチな視点で働いていけるよって本です。

会社でしか働いていなかった自分には頭を金槌でなぐられたような衝撃をうけました。

著者の尾原さんは赤いマフラーを巻いていてなかなかキャラが立っていていいですね。

人生変えていきたい・視点をもっと多くもちたいって方はよんでみるといいですよ。

 

最高の体調 ACTIVE HEALTH
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

体調についての本ですね。SNSのフォローしている方が読んでいたので自分もよんでみました。なかなかおもしろかったです。

 

ちきりんさんの家の購入に関する本です。

実際問題「賃貸」か「マイホーム」かってかなり論争ですし、多分普通の人が買い物としては人生で家が1番でかいですよね。

そんな中で何も知らずに「家を早く買いましょう」「マイホームをもって一人前」などという論調を鵜呑みにしてしまう前に読んでおくべき本です。

 

ちなみにうちは夫婦で「賃貸」でいいっしょ〜という考えです。

そんな考えをもっているにしても「このちきりんさんの本」を読んだあとは「自分たち考えが浅かったな〜」と思った次第であります。

 

これは中学生が投資で成長していく漫画です。

投資の勉強することができる漫画でもあります。

投資をしていくなかで実在している人物や企業がでてくるのでリアリティー

があります。

著者の方は昔「ドラゴン桜」がヒットした三田さんです。

何もわからない中学生の主人公がひょんなことから投資に目覚めていく成長過程が読んでいておもしろかったですよ。

 

Daigoさんの禁断の文章術はブロガー界隈ではめちゃくちゃ有名な本です。マナブさんなどもブログや動画などでもとりあげていましたね。

いや、ていうか自分普通に有料で買ってましたよ。

kindle unlimitedで読めるなんておいしいですね。

ブログとか文章でお金を稼ぎたい!っていう方は読んでおきたい1冊ですね。

KindleUnlimitedは1ヶ月に何冊読める!?

読み放題でもそんな読めなかった

KindleUnlimitedは1ヶ月に何冊読めるか実際に使ってみたところ、実際5,6冊が自分には限界でした。

なのでこの記事でも紹介する本は5冊になっています。

そもそもあなたは1ヶ月に本を何冊読みますか?

10冊も20冊も読める人は神レベルですね!

仕事して、家事して副業して育児してまじでいつ読書するんだ?って気もします。

 

しかも僕は貧乏性なので〇〇放題という言葉に弱いんです。

「食べ放題」

「乗り放題」

「投げ放題」

ボーリングの投げ放題という言葉につられてやりすぎて肩が外れそうになったことがあります。

読み放題だからやばい!頭が破裂するほど本を読まないと損だ!なんてきもちになり急かされてるような気分になってしまいます。

あと飽きるのがめちゃくちゃ早いです。

読み放題だから「あ、この本はつまらないな!削除!」ってことがよくありましたよ。

 

なので個人的におすすめな方法を教えちゃいます。

Kindle Unlimitedは毎月永続的に払い続けなくていいかも。

無料期間もしくはキャンペーン価格で数百円払ってあとは解約するというのがいいのかなと実際につかって感じました。

 

そもそも音楽の聴き放題サービスだったら毎日シャワーのように曲を消費できるのでメシウマ間満載なんです。

 

しかし、本の読み放題だったとしても読みたい本を読みたいだけでよめるわけではないので使い方はかなり考えますね。

Kindle Unlimitedはよくキャンペーンをやっている

このようによくキャンペーンをやっています。

Kindle Unlimitedって本当によくキャンペーンをやっていますよね。

解約したと思ったらまた無料で入れる案内がきたり。

最近よく目につくのが、1ヶ月無料で入るか2〜3ヶ月使える代わりにお金がかかります。お金は数百円でOKです。

っていうキャンペーンがよくきます。

「数百円」ならいいかなって誘惑されますよね。

1回くらいは試してみてもいいかもしれませんけどね。

なので毎月コンスタントに980円払っている人が果たしてどれぐらいいるのかきになるところです。

なのでアマゾンの戦略的に年間に数回数百円払ってくれればいいのかなとかも思います。

もう少し時代が流れれば音楽みたいにほとんどの本が読み放題になるかもしれませんね。

 

結局Kindle Unlimitedおすすめなのか?

Kindle Unlimitedははたしておすすめなのか?

これはもちろんKindle Unlimitedのなかにあなたがどれぐらい読みたい本があるかにかかってますね。

安い金額でできるだけ本を読みたいのか、

運命的に本屋で出会えた本を大切に読んでいくかどちらも魅力的ですよね。

 

個人的には読みたい本を大切に読んでいきたい派なのでKindleで電子書籍を購入して読んでいます。

 

本ってふとしたときに読みたいって思う時がありませんか?

 

 

自分の場合それが唐突にやってくるので、読みたいってときに読めないと嫌な気分になってしまいます。

 

読みたい本を読みやすいスタイルで読むのが1番

結局のところ、1番読みたい本を読みやすいスタイルで読むっていうのが一番いいですね!

そう考えるとAmazonって様々なユーザーのニーズに合わせたサービスを展開していますね。

 

1冊をじっくり読みたい→本を直接買う

本を隙間時間で読みたい→Kindleを使って読書する(詳しくはこちらの記事で)

本を読む時間がないけどなんとか読みたい→オーディブルを使う(詳しくはこちらの記事で)

とにかくたくさん本を安く読みたい→Kindle Unlimitedを使う(詳しくはこちらの記事で)

それぞれに特徴やよさやデメリットがありますね。

自分がいったいどのように読書したいのかを深く考えてみるといいですよ。

 

人によって合うサービス、合わないサービスがあると思うのでいろいろためしてみてるのもいいですよ。