年収400万でも子供は育てられる?育てられるし楽しいですよ

子育て
スポンサーリンク

年収400万から500万で子育てはできるの?ということですが

その年収で生活できても「カツカツに切り詰めてるの?」とか「外食できないの?」とか色々と疑問や悩みがまだ育児してない人からしたらわからないことがあると思うのでそこに触れていきたいと思います。

私の結論からいうと年収400万程度でも子供1人なら割と幸せに暮らしていけます。ただ、自分らなりになぜ「そこまでめちゃくちゃ金がある!」というわけでもないのに「あー幸せだ」と感じれるのか考えてみました。

最近はいい感じで肩の力が抜けているのでリラックスしながらブログ書いてます。

スポンサーリンク

「幸せ」を感じるのは子供の成長が関係している。

年収400万。子育て

子供が生まれてからの5年間の大変さをまとめると以下のような体感です。

0歳:しんどい。自分の時間なくなった
1歳:しんどい。動くようになってしんどい
2歳:やばいしんどい。イヤイヤ期など
3歳:鬼しんどい。知恵のあるイヤイヤ気。かなり消耗する。
4歳:充実、楽になる。

ということで子供が産まれてからは4年間はしんどい時期が続きます。

もちろん、それ以上にかわいい瞬間は多々ありますが、4歳になるまではマジで葛藤と憂鬱になることが連続でやってきました。

そうなっちゃうのも仕方がないかなというレベルです。

多分、これは年収1000万もらってたとしても変わらないのではないかなと思います。

お金があって高級リゾートとかに旅行にいけたとしても、どれだけ外食ができたとしても、子供の個性、性格、不意に病気になったり癇癪を起こすのは防げないからです。

なので約5年子育てをやってみて思うことは 年収関係ないですよってこと。

少なくとも5歳になるまでは。

年収が少ないなりに楽しめてる理由

年収が少ないなりに楽しめている理由は

・頑張らないこと
・無理をしないこと

ですね。肩の力を抜いて自然に毎日過ごしてるって感じです。

例えば私は通勤が家から職場まで30分くらいなんですよね。電車に乗っている時間は2分です。

夜の18時に仕事が終わったら18:30には家に着けます。朝も始業の30分前に家を出れば会社につきます。

通勤時間が短いのでその分自分の好きな時間を使ったり、家族とご飯を食べたり、出かけるなどのイベントに時間を使えます。

頑張って上を目指して東京に勤めたりしようとは思ってなく単純に家から近いとこがいいわっていう「無理をしない」ペースで働いているので楽しいですね。

両家の実家との関係を大切にする

年収400万子育て

私が子供が産まれてから大切にしているのが、親家族との関係です。

機会をみつけて連絡をしたりしてました。

「なんでそんなに大切にする必要があるの?」と思うかもしれません。

そんなに年収がない以上自分にできることって周りの人に助けてもらうための努力をしようかなと思ったんですよね。

お金はないけど、役に立てることはあると思っていて。例えば子供の笑顔は両家の親にとって元気を与えますし、自分たち若い世代が知っている情報って親世代にとっては価値があったりするんです。

連絡手段に使っていたのはFace timeを使っていました。

お互いiphoneやipadをもっていてwi-fi環境があればテレビ電話をすることができます。頻繁に会えないので子供の成長をみせてあげるにはとてもよい手段でした。

しかも、わりと両家のサポートにはめちゃくちゃ感謝してもしきれないぐらい恩恵を受けています。

それは金銭面でも精神的にもです。

ご飯をご馳走してくれたり、おもちゃをかってくれたり色々なサポートを受けれます。お金じゃ買えないですね。

そういう面でも自分はラッキーでした。なんでもかんでも自分でやろうとしたらめちゃくちゃ消耗します。

なので、誰かに任せられることは極力まかせてしまうのがいいと思います。

そういうことを繰り返せた結果が「自分が好きなことだけやっている」状態になるんだろうなとも感じています。

なので子供が産まれた時はお互いの両親とは関係をうまくしてできるだけ甘えたほうがいいですよ。

なので子供が産まれてない間でもいい関係を築いておくべきです。

特に奥さん家の家族は本当に話していると勉強になることがたくさんありましたね。

奥さんの実家の近所に住めてた時期があったんですけど土地柄も自分にフィットしていてすごく過ごしやすかったですね。私はど田舎で育ったのでほどよい田舎が最高でした。

田舎暮らしで車(軽自動車でもOK)とWi-fiとショッピングセンターがあれば楽しくいきていけますよ。

昔は娯楽が少なかったですが、今はネット環境が整備されているので鬼に金棒です。山もたくさんあるのでアウトドアし放題です。都心からだと車で数時間かけていくじゃないですか。キャンプとかに。田舎だと裏が山だったりしますからね笑

遠くにいかなくて近くで楽しみを見つけられた

「何が楽しくていきているの?」と声が聞こえてきそうですが、年齢とともに楽しみも変わってきます。

昔はガンガン遠いところに行くのが好きでした。けれど子供がいる今は近所の公園や車で30分圏内のところで満足できるようになりました。

要するに多くの人が認める価値を追うよりも自分の身の丈にあった価値を追求していくのがリラックスして楽しめますしそれでいいんじゃないのかなと思います。

年1で20万使って海外行くのもいいかもしれませんが、1万円で泊まれる温泉に年に20回行くのも楽しいかなと思います。

何かを表現する趣味は持っておいた方がいい。

子育てに入るとき、年収は関係ないという結論ですが、ストレスはたまります。

お金持っている人だってストレスはたまります。

そこでおすすめなのが「表現する趣味」をもっておくといいです。

お金をかけずともできます。

お金をかけずに表現する趣味としておすすめなのは

・ブログ
・絵を描く
・音楽を演奏(作曲)
・ボディメイク
・地元のイベント主催・ボランティア企画
・少年スポーツのコーチ

あたりはお金かからずとも自分の考えを表現して人の役にたちます。

場合によってはここから副業の可能性だってなり得ます。

仕事はなかなか自分の意見を反映させるのが難しいですが、自分を表現する趣味をもつことでストレスは軽減されます。

ブログとかいい例ですよね。本当に自分の好きなことすきなようにかけますからね〜しかもお金も発生するのでありがたいです。ほんと。

ボディメイクとかも筋トレして食事管理してマジで楽しいですよ。

自分の体を自分で表現するのでしかもその努力って自分に将来的に返ってきますから。

結論 子育てに年収は関係ない

子育てに年収は関係ないです。その前に「楽しむ」ことができるかどうかです。

つまらないことも楽しめるかどうか。ここにかかってます。

お金をかけずとも楽しみ方は無数にあります。「〜じゃないとダメって自分でルールを作らないほうがいいです」新しいことをやり続けましょう。自分のできる範囲でOKです。

積み重ねてくと化学反応がおきてびっくりするようなことがおきますから。