まつぶし緑の丘公園をより楽しむための方法。持って行った方がいい物リストあり。

スポンサーリンク
子連れでお出かけ場所

埼玉県の松伏町にあるまつぶし緑の丘公園が最高の公園なのでご紹介します。

一番我が家で行っている回数が多い公園です。

なぜ最高の公園だと私たちが呼んでいる理由は、以下の通りです。

・芝生エリアが広くのんびりすごせる。

・丘があり軽いハイキング気分を味わえる

・駐車場が広い。

・公園内に管理事務所があるのでいついっても清潔になっている(草が刈られているなど)

・じゃぶじゃぶ池があり水遊びができる(ここもちゃんと管理されている)

ですのでこの記事は、

・埼玉県できれいに管理された公園でお子さんをたっぷり遊ばせてあげたい。
・おすすめの公園を知りたい

の方々におすすめです。

 

スポンサーリンク

まつぶし緑の丘公園の場所、アクセスは?

 

周辺に駅がないので、車で行った方がいいですね。バスも走っていますが、で来園する方がほとんどだと思います。

せんげん台駅、北越谷からバスがでているようです。バスで行く場合は事前に時刻表を確認しときましょう。

園内には売店がないのでお昼やお菓子、飲み物などは事前に用意してから行った方が楽しめますよ。

園内に自動販売機、飲み物や、アイスの自販機は置いてありました。

暑い時期、土日になるとアイスの自動販売機は子供たちに人気なので売切れてしまうので早めに買いに行くといいでしょう。

 

広大な芝生エリアがあります。サンシェードやレジャーシートは持って行った方が◎

向こうが霞んでみえちゃうぐらい広いです。芝生も管理されていておもいっきり走れますよ。

休日はサッカーボールを蹴りあったり、キャッチボールをしてる方もいました。

お子さんがショッピングモールなどで走り回っていつも大変なときありませんか?

この公園ならおもいっきり走っても走りすぎることはないので、親も子供も安心して遊べる・遊ばせられる場所だと思います。

芝生エリアには砂場ゾーン・アスレチックゾーンもあるのでアクティブな男の子・女の子も大満足すると思います。

ちなみにうちの子はアスレチック遊具にハマりすぎて、連れて帰るのが大変でした。

芝生が広いので、レジャーシートやサンシェードを広げてお父さんお母さんは休んで子供たちは芝生できゃっきゃっ楽しく遊べます。

なのでレジャーシートかサンシェードなど座れて休めるアイテムを持って行った方がいいです。

うちは最初もっていかなくて「もってくればよかった〜」と反省しました。

芝生エリアまでは駐車場から結構歩くから戻るのも大変なんだよね子連れだと。。

そうそう。

水遊びができるじゃぶじゃぶ池がある。

春から夏にかけては園内にじゃぶじゃぶ池があるので子供さんたちは水遊びを目一杯遊ぶことができます。我が子も水遊びがジャブじゃぶできて楽しいようで、びしょびしょに濡れても遊んでいました。

お子さんがいたらきっとじゃぶじゃぶ池をみたら「遊びたい」と言うと思いますので濡れてもいいように着替えをもっていくことをお勧めします。

夏やあったかいシーズンは親子で楽しめますよ。

パパも濡れてママにめっちゃ怒られた。。

 

公園内に管理事務所がありベビーカーやボールなどレンタルも充実してます。

まつぶし緑の丘公園には管理事務所があるのでなにかあったら相談できます。

また、ベビーカーやボールのレンタルもやっているのでもし忘れてしまった際には借りるのもありですよ。

しまったとおもっても諦めないで。

まとめ

レジャーシートに寝転がって上を見た時の景色です。

まつぶし緑の丘公園に持って行った方がいい持参物は以下の通りです

・飲み物(水分補給大事)

・お菓子(子供がお腹空いた時用)

・お昼ごはん(園内には売店がないため)

・サンシェードやレジャーシート(混んでるとベンチあいてないので休憩用にあったほうがいいですよ)

とても広くてきれいな公園なのでぜひレジャーを楽しんでくださいね。