新卒で入ったけど何が楽しいかわからないって方に自分の考えを書いてみる。

スポンサーリンク
ライフ・生き方

どうもなおパパです。

先日、こんな相談が私のとこにきました。

ウイイレ悩み君
悩み君

新卒で仕事はじめたけど何が楽しくてやってるかわからないんです。悩んでます。

とのことです。

この悩みは誰しも抱えることなんじゃないですかね。

答えは1つじゃないですが。

 

私の結論としては、

悩むより行動、スタートよりも修正

って感じです。

 

スポンサーリンク

なぜ仕事が楽しくないと感じてしまうのか

なぜ新卒で入って半年くらいで飽きてしまうのか自分なりの考えを書いています。

単純作業だから

そもそも、文系とか営業職ってノースキルでやってく仕事ですよね。

技師ではないのでふわっとしてます。

契約とか売上とれたらOKみたいな。突き詰めてくと別にそれって自分じゃなくてもできるんじゃね?って感じの仕事だからじゃないですかね。

 

そもそも自分がなんで雇われてるかっていうと、経営者が自分ではやる暇がないから人雇ったほうが効率いいわってことで採用されているのです。要するに歯車を回す作業です。

 

学生のときバイトやってた方ならわかると思いますが、ぶっちゃけバイトでもできるよね?ってことでまわってると思います。

だから学生のときにバイトを経験してるとさほど感覚的には変わらないって感じるかも。

 

学生の時とギャップがあるから

学生のときは学費を払ってる側だから「お客さん」側だったわけです。

なので、言いたいことは言えるし、やりたい放題ですよね。

ところが、社会人になると「労働者」になるので単純に立場が逆転します。

落差があるのでしんどいんじゃないでしょうか。

 

日々単調になりやすいから

歯車になってしまうと、生活のために働くようになります。(別にそれでもいいと私は思いますが)

同じようなことが毎日続くのでむなしくなってくるかもしれません

「あぁ大学生のころにもどりたい」と文系の学生は大抵おもうんじゃないでしょうか。

私も思ってました笑

 

仕事の現実

新卒に入ったときに「そういうの早く言っといてくれよ」と私が30歳手前ぐらいで感じたことを書いてあります。

 

入社して全員が望むキャリアには進めない

入社しても、モデルプランのように全員が理想的なキャリアを進めるわけではありません。(でも人事の人はそんなことは言わないと思う。)

会社が不景気になったら昇給も絞られますし、自分の希望してた部署が解体されちゃうかもしれません。

だから入社して思い描いてたものは別に達成されないもの「普通」ってのが大前提です。

会社は「あなたの努力が足りないから」というかもしれませんが、そもそも競争優位に立ち続けるのはかなり難しいですよね。

「運」とか「タイミング」とか「偶然」がありますから。

 

だめかもしれないと思ったら早めに起動修正

これは、だめだな・・と思ったら早めに軌道修正しましょう。

やめる・留学する・山に籠るなんでもいいと思います。

あくまで人生はガチャなので回していつあたりがでるかわかんないですよね。

ただ、ガチャまわして環境変えてもだめだったらまたガチャをまわすとそういう感じでいいと思います。

まぁ死ぬまであたりが出ないこともあると思ってるんですがね。

 

仕事でモチベーションを保つ方法

モチベーション

・理想の自分と最悪な自分のパターンを考えとく

自分がどんな感じでいきたいかふわっとイメージしとくといいです。

あとは、最悪なパターンも想定しておく

・会社が倒産して、親の介護が必要になって田舎に戻らないといけなくて

とか借金を100万抱えてしまったらどうするべきか

職を失ったらどうやって生活していくか

月にかかる最低限のお金はいくらか。

現在の自分の貯金で何カ月くらしていけるのかと

そんなことを想定しておくといいです。

 

 

そしたら、生活保護をもらうとか、友達の家に居候させてもらうとか、具体的におもいつくとおもうんですよね。

小さなことを変えていく。

本当に些細なことでいいので、何か変えていくといいです。

ジムに通ってみる、

ゴルフはじめてみる

資格の勉強をしてみる

とかですね。

もっと些細なことだと、履く靴を変えてみる、髪が金髪の人を1日で10人以上みつける、家に最短何分で帰れるか、同僚の趣味を予想してみるとか

そういう些細なことを楽しんでみるといいと思いますよ。

 

自分の商品を作れるようにする。

これは自分が20代のときにできてたらいいなと思ったことです。

自分の商品とは、

物(絵、曲、骨董品、作品、動画)

技術(翻訳、記事作成、制作、)

特技(笑わせる、相談解決力)

とかを使って誰かに売ってみるといいですよ。

自分の価値が誰かの役にたってることがわかればやってけると思います。

 

ということで、この記事はこのあたりで終わりにします!