世の中の大半のものは不要不急なので気楽に生きよう。【人生暇つぶし】

ライフ・生き方
スポンサーリンク

どうも‼なおパパです。

今回の記事のテーマは「気楽論」です。

「世の中の大半は不要不急なので気楽にいけばいいんじゃね?」

って考えに到達したので記事でまとめときます。

 

多分人にはいろんなタイプがいて

バリバリ働ける人とそうじゃない人がいます。

 

私はバリバリ働きたくない感じの人種です。

 

人生に迷ってる人、自分にむけて書きます。

スポンサーリンク

私の祖父が残していた言葉

人間のもっとも重大なテーマは「子孫繁栄」だよ

と言ってました。

この言葉はかなりおもかったです。

 

究極的には子供をもうけて育てることができれば任務OKってことでいいのかなと思います。

なのでどうやったらこの令和時代に生存率を高めていくことができるのかってことですよね。

 

仕事して、食べるものを食べれれば万々歳なのです。

この日本で生まれてきた時点でかなりラッキーなんですけどね。

 

出勤するだけでお金が毎月もらえる

日本のサラリーマンはいいです。

出勤するだけでお金がもらえます。

無駄な仕事をしてもお金がもらえます。入ったもん勝ちです。

入ってしまえばあとからどうにでもなります。

 

「仕事しないな」って陰口をたたかれてもお金はもらえます。

 

冷静に考えればものすごくいいルールなので表によさをださずともしれっとはたらいているのがいいです。

「あの人は仕事しないのにあんな給料もらえてずるい」と愚痴をこぼし感情の起伏が激しい人をみていると、「疲れないのかな?」と思います。

 

あるときおもいっきり手抜きして仕事をしてみた

20代の後半に入り始めたとき、実験で仕事の手を抜いてみたんですよね。

結果的に全く成果はかわりませんでした。

 

むしろ自分がいなくても仕事がまわるという状況。

 

そんな状況でも仕事がまわってしまうのだから。

そういう感じで世の中まわっているのだなぁということに気づいた瞬間でもありました。

暇だなって思えることが本当に幸せ

あと、これは最近気づけたのですが、「暇だな~」って思えることが幸せなんだなって思えます。

20代のときは「暇=ダサい」って思っていました。

30代になって「暇も悪くないな」と考えることができるようになりました。

 

暇があると物事を継続しやすい

暇があると物事を継続しやすいことに気づきました。

よく「新しいことを始めても続かない」って人がいます。

 

すごく忙しい生活を送ってるんじゃないかなと思うんですよね。

逆転の発想で、今の世の中たくさんの選択肢やモノや事があります。

だからこそ、続かないですし、物事を辛抱強く続けることができればそれなりのメリットが生まれてくるんだと思います。

 

これが大昔の狩猟か農耕しか選択肢がない時代だったら、継続していてもとくに脚光をあびなかったかもしれません。

 

他に選択肢がないわけですから。

 

つまり、今の時代だからこそ何かを続けていくことに意味があると思います。

 

続けていっても身は軽くしておく

ただし、続けていって「執着」をしすぎてしまうと身をほろぼしてしまうこともあります。

なので「損切り」することも覚えといたほうがいいかなと思います。

なぜなら世の中はいきなりルールが変わったりするからです。

例えば、鉱山の職人として一生安泰だ!安定できる!考えて職人になったものの、鉱山が廃たれてしまえば転換をせまられます。

プログラミングを覚えても、賃金が安い海外に発注されてしまうこともありえますよね。

 

なので「おそらくこういう流れにすすんでいくだろうが、突発的にルールがかわることも想定しておく」

というのが望ましいです。

 

最後に

世の中の大半は不要不急なことが多いです。

なのでそんなに目くじらを立てる必要もないですし、気ままにいってOKだと思います。

参考

本などで知識をつけてよかったこと

お金のこと

インターネットのこと

筋トレ&栄養のこと

このあたりは知識をつけてよかったと思います。

参考までに!