土屋鞄のランドセルを見にいってきました。予約制でゆっくりみれた。

土屋鞄さんのランドセル子育て
スポンサーリンク

来年子供が小学校に入るということでランドセルを見にいってきました。

今回訪れたのは西新井にある「土屋鞄」さん。

 

何個かランドセル候補がありましたが、カタログの感じがカッコ良かったのでこれはぜひみてみたいと思いました。

妻がランドセルのカタログをピックアップしてくれたのは助かりました。

 

結論を先に書くと

店舗に実物を見にいってよかった。子供も気に入ってくれた。

です。

実際に店舗に出向いてランドセルをみにいってきた感想を書いています。

 

スポンサーリンク

土屋鞄さんの店舗にランドセルをみにいってきた感想

土屋鞄さん西新井

 

土屋鞄さんにランドセルをみにいってきた感想は

・店内がオシャレ
・予約制なのでゆっくりみれた
・販売がwebのみなので楽!

店内がオシャレ

土屋鞄

店内がめちゃくちゃオシャレでした。

こういう空間でランドセルを展示するってすごい魅力的だなと思いました。

みていて気持ちも高まってきますし。

素晴らしい空間でした。

店内から実際に工房をのぞくこともできます。

すごくないですか!?ランドセル作ってるとこ僕は生まれて初めてみました。

ちょっと感動レベルですよね。

 

予約制なのでゆっくりみれた

土屋鞄さん

店内でランドセルをみるためにはwebから予約が必要でした。

コロナの影響ですね。

ですが僕らにとってはとてもよかったです。

平日の夕方に予約をしていきましたが、僕ら以外にお客さんはいませんでした。

 

そのため貸し切り状態で25分間ゆっくりランドセルをみることができたのです。

スタッフの方にも質問しやすかったです。

 

なんだかお金持ちの人の気分を味わえました。プライベートルームみたいな感じでしたよ。

 

販売がwebのみなので楽ちん

土屋鞄

土屋鞄さんのランドセルの販売はwebのみでした。

これめっちゃ合理的ですよ。

なんでかっていうと、スタッフの人は販売業務をしなくていいのでお客さんとの接客に重点をおけるのです。(販売側のメリット)

ユーザーさんにもメリットがあります。

普通来店=購入がセットの考えでいくとユーザーは迫られるのです。「行ったからには買わねば」と。

ところが、店舗で販売をしていないのでユーザーは商品を吟味することに徹することができます。

今決めなきゃいけないという気持ちにならず落ち着いて商品を選ぶことができます。

 

もちろんスタッフさんは距離を保ってくれてゴリ押しすることもなく困ったことがあったらきいてくださいねスタンス。本当によかったです。

 

高単価商品の場合普通比較検討したりと慎重になります。

なのでこのシステム僕はすごくいいなと思いました。

子供が実際にしょえる体験ができる

いくら親が買うといってもランドセルを使うのは子供です。

なのでぜひ自分の意思で使いたいものを子供に選んで欲しかったのです。

 

そのため土屋鞄さんにいって実際に子供が比較して1番使いたいものを選ぶ意思決定をさせてあげれたのがよかったです。

「自分で決めた」ことに価値があります。

 

しかも、お店には僕らの家族とスタッフさんしかいないので子供もリラックスしてランドセルをみることができました。

 

他のお子さんたちがたくさんいたら、遠慮してしまい自分の好きなランドセルをみることが難しかったかもしれません。

 

ランドセルは実際に見る触るがおすすめ

たった25分間の体験でしたが素晴らしかったです。

 

土屋鞄のランドセル — 背中に、心に、優しい記憶を。 / 土屋鞄のランドセル
1965年創業、昔ながらのシンプルな形に、確かな職人技を詰め込んで。こどもたちの心の中で生き続けるランドセルを、一つひとつ、丁寧につくります。