メガネの買い替えるべき時期はいつ?レンズに寿命があるのか解説。

スポンサーリンク
メガネの買い替え時期、寿命はいつ?行ってよかったお店

メガネは私たちにとってとても大切なものです。

メガネっていつ買い換えるべき?

レンズに寿命ってあるの?

そんな疑問を持つ方は多いと思います。

この記事を読むことで

・メガネを買い替え時期のポイント

・フレームの寿命を理解し買い替えるべきかの判断

がわかります。

各サイトにて調べましたがまちまちです。

スポンサーリンク

メガネの買い替えるべき時期とは?

メガネの買い替えのタイミング

結論を先に書くと

メガネを買い替えるべき時期は個人の使用感で決まる

です。シンプルに言えば「なんか見えづらいなぁ」と思えば替え時です。

あなたの感覚で以下の症状を感じたら買い替え時です。

・メガネの度数が合わない
・使用環境に合わない
・レンズの劣化
・フレームの劣化

メガネの買い替え時期は自分の見え方が見えづらくなってきた視力的な原因の時。もしくはレンズの汚れがとれにくくなってきたり、フレームが歪んでしまったりと製品の寿命が原因の時が挙げられます。が挙げられます。

レンズが傷ついたものを使用していると目に負担がかかってしまうので見え方に違和感を感じたら我慢せずに販売店に相談にいかれるのがいいと思います。

 

 

メガネのプラスチックレンズの寿命は何年?寿命がすぎてたら買い替えどきかも??

替え時はいつ?メガネレンズの寿命の目安とは|メガネスタイルマガジン OMG PRESS | メガネスタイルマガジンOMG PRESS
メガネを購入してから長くたつと、視力が変わっていなくてもメガネの寿命が気になってくるものです。 プラスチックレンズは耐久性が強く、ガラスレンズのように割れることはあまりありません。 しかし、割れなければどれだけ使い続けて...

現状でのメガネはガラスでなくプラスチックレンズが主流とのこと。

別に視力落ちてないし問題なしでしょうと思う方もいるかもしれません。ですがレンズにもちゃんと寿命があるんです。

1年半から2年半の寿命と言われています。

もし自分の持っているメガネが2年半以上使っている場合は見え方に変化を感じなくとも販売店にいって新しいメガネを相談してみるといいですね。

定期的に見直すことが大切な目を守っていくには重要ですよね。

見えにくいな〜と思いながら毎日メガネを使うのはストレスですよね。

近年はメガネの価格も昔より買いやすくなってきており1万円かからずに買えるメガネも増えてきています。

ZoffやJinsなどが大手ショッピングセンターに入っているので非常に手頃です。



レンズを長持ちさせるためにやってはいけないことは?

メガネを長持ちさせるためにやってはいけないこと

ずばり、お風呂に入っている時にお湯でレンズを洗わないことです。

メガネのレンズはコーティングがされているんですが、このコーティングは熱に弱い特性があります。

ボディーソープやシャンプーがレンズに触れてしまうと場合によってはコーティングがとけてしまいます。

なのでお風呂に入るときはなるべくお湯に触れないでシャンプーやボディーソープに触れないように注意しましょう。

これ自分はしらなくてがっつりやってました。

お湯の方が汚れがおちる!と思っていたぐらいで。。

レンズを長持ちさせるために私自身も気をつけようと思います。

合わないメガネをかけ続けていると体に出る症状

合わないメガネをかけていると物が見えづらくなるだけとおもっていませんか?

実は体にも症状を発生させるケースもあるのです。

「視力が下がったり、メガネの度数が合わなくなっても、脳が自動的に補正してくれるので、日常生活で困るケースは少ない。しかし、それでもモノが見えづらくなるということは、脳の補正能力を超えた状態が続いている証拠。これが続くと脳が疲れてしまい、肩こりや頭痛、吐き気などの症状を呈することになります」

引用 excite ニュース

このURLの記事はみつかりませんでした - エキサイトニュース

自分では健康とおもっているのになんだか頭痛や肩こりや吐き気がするときはメガネが原因かもしれません。

もしそういう症状があってメガネを2年半、3年以上使っている!そんな方はお近くのメガネの販売店に行ってメガネの買い替えをしてみるといいですよ。

世界がかわると思います。