ウイイレアプリは電池の消耗が激しい!?電池切れを防ぐ方法とは!?

スポンサーリンク
ウイイレアプリ電池の減りが早い対策とは ウイイレアプリ

ウイイレアプリ楽しくやっています。しかしウイイレアプリを継続してやってきて1つ問題が発生しました。

ウイイレアプリやってると電池の減りがめっっちゃ早い!!

ウイイレアプリをやっていてiphoneやスマホの電池の消耗が早い!と感じたことはありませんか?

私は2,3試合やると20〜30%は電池の残量が減ります。出先で迂闊にウイイレできなくて困ってます。

SNS上でもウイイレアプリをやると電池・バッテリーの消耗が激しいと声があがっていますのでご覧ください。

軽く検索しただけでもウイイレアプリやると電池が減るのが早い!とたくさんのユーザーさんの声をみることができます。

これはマジです。大容量のゲームで楽しいからしょうがないんですけど、ウイイレアプリは本当に電池の減りがハンパ無いですよね。

スポンサーリンク

ウイイレアプリ電池の減りが早いと何が問題になる?

ウイイレアプリをやっていてiphoneやスマホの電池の減りが早いとどんな問題が起きると思います?

電池の減りが早くて困るだけじゃないの??

問題点

・オンチャレ中に残量注意のポップアップがされ操作が一時不能になる。
・出先でウイイレをしてしまうと帰り道で充電がなくなり電源が切れる。
・アツイイベントがきても電池を気にして迂闊にできない(家に帰るまで我慢しなきゃいけない)

オンラインチャレンジをやっていて電池の残量が減るとiphone の場合20%を切った時と10%を切った時画面に強制的に警告の表示が出る仕様になっています。

この表示が出てしまうと2〜3秒ほどウイイレの操作ができなくなってしまいます。

この警告がでて操作できないため、一瞬の隙を突かれて失点してしまった!という声をよくネット上でみかけます。

そのため、ウイイレアプリでは電池の消耗が早いということは勝敗に影響を与えてしまう可能性があるということなんです。

また出先で例えば電池の残量が60%しかない時にウイイレアプリやろうか困りますよね。

というのも2,3試合したら30%ぐらいは電池を消耗します。ということは出先のカフェやショッピングモールなどでやってしまうと帰りの車や電車の中で、電池がもうない!

そして最悪「電池切れ」を起こしてしまうんです。

「電池切れ」は最悪です。情報を調べたり、youtubeもみたり、音楽を聞いたり、そういった基本的な機能も一切できなくなってしまいますからね。

他にも、星5トレーナー獲得イベントとか24時間限定ガチャとかそういった時間が限られているイベントがウイイレアプリには存在します。

うっかり、やるのを忘れていて、

あ、やばいあと1時間でイベントが終わる。。でも電池も残量がない!どうしよう!!

ということもおきます。実際私もこういうことを経験しました。(結果諦めました)

ウイイレアプリの電池消耗を抑えるためには?

大きく分けて2つ方法があります。1つはiphoneやスマホの設定を変更すること。

例えばiphoneだったら

・ソフトウェアを最新版にアップデートする

・低電力モードでプレイする

・他のアプリを開かない(ただしこれはバッテリーの消耗に関係ないとAppleのHPで記載あり)

などiphone自体の設定を変更することで多少はマシになるかもしれません。

しかしこれだけでは根本的な解決にはならないのが現状です。

もしこの設定で電池の消耗が抑えられたらみんなやってます。

そしてSNS上でも「電池の減りが早い」なんて声はあがらないでしょう。

そこでおすすめの解決方法が

モバイルバッテリーを使うこと

です。

モバイルバッテリーを使えば出先でも充電ができますし、電池切れの心配もありません。

また、オンチャレを始める前にモバイルバッテリーをつないでおけば電池消耗の警告画面がでるリスクを減らすことができます。

でも、モバイルバッテリーって世の中にいっぱいでていて何を買えばいいかわからないよ。

 

わかる!どれも同じような形で値段も様々です。そこでこの記事ではウイイレアプリユーザーの筆者が厳選した5種類のモバイルバッテリーを紹介します。特徴も書いているので自身のスタイルに合ったものを選んで見てください。

 

《追記》

ウイイレアプリのTop画面の「画質設定」の変更、フレームレートの変更でも電池の消耗を多少抑えることができるそうです。急ぎの方は画質設定を変えて試してみるのもありですよ

ウイイレアプリユーザーは持っておきたいモバイルバッテリー

買って損がないNO1モバイルバッテリー

私が1番ウイイレアプリユーザーなら1個持っておいて損はないかなというモバイルバッテリーがAnkerのパワーコア10000です。

まず10000ってなんやねん!って話なんですけど、この数字が大きいほどモバイルバッテリーにエネルギーを溜めれるのです。いわば胃袋の大きさを示しているようなもんです。

このパワーコア10000はフル充電すればスマホフル充電2〜3回はいけるので持ち歩いて入ればかなり安心です。

出先で友達と対戦をガンガンやって電池がなくなっても大丈夫です。フル充電だってできちゃうのですから。

こにパワーコア10000があれば、よりウイイレアプリをいろんな場所でプレイすることができます。

家族にコンセントを取られても充電ができますよ。ベッドや布団の近くにコンセントがなかったとしてもこれがあれば寝ながら充電してウイイレもできます。

価格も3千円を切っているので学生の方でも負担にはならないかなと思いおすすめしました。

買って損がないモバイルバッテリーNO2

おすすめ2番目はアンカーのパワーコアフュージョン5000です。

まずこの製品は胃袋が5000と先ほどのパワーコア10000の半分です。

しかしパワーコアフュージョン5000は直接コンセントにさして充電ができるので楽です。

ただ、胃袋が5000なので先ほど紹介したパワーコア10000がスマホ充電2〜3回に対しこのフュージョン5000は1〜1.5回です。

毎回ケーブルつないでモバイルバッテリーを充電するのが面倒って方はいいですよ。

買って損がないモバイルバッテリーNO3

3番目の紹介はアストロE1です。この製品は先ほど紹介したフュージョン5000と比べてiphoneやスマホを充電できる回数は一緒です。しかしコンセントに差し込むプラグはついていません。そのため価格が今回紹介するなかで一番安いです。amazonだと2000円を切っています。これなら気軽に買えますね。スマホフル充電できる回数がこの製品は1〜1.5回です。

買って損がないモバイルバッテリーNO4

最後に紹介するのはNO1に紹介したパワーコア10000の上位モデルです。

性能はパワーコア10000に似ているのですが、スマホを充電できるスピードがパワーコア10000に比べてNO4のPDは早いです。

iPhone xsなら30分で50%も充電できます。

しかし価格はそのぶん高いです。アマゾンだとやく4500円程度はします。

 

モバイルバッテリー選びに迷ったなら

もし上記4種で迷ってしまったら私だったら

値段とスマホに充電できる回数を考えてパワーコア10000を買います。

値段も3000円しないので1個もっていてもいいかなと。

特にウイイレアプリは本当に電池の消耗が激しいのでモバイルバッテリーは1個もっておいたほうがいいですよ。

 

モバイルバッテリーがあれば電池の減りを気にせずにプレイできたり、コンセントが近くにない場所でもウイイレアプリをプレイすることができるので遊びの幅が広がりますので

ウイイレアプリをやっていると電池がめちゃくちゃ減って困っているという方はモバイルバッテリーを買って使ってみてください!!

 

 

コメント