ウイイレオンチャレでギブアップと回線切断はどちらがデメリット大きい?

スポンサーリンク
ウイイレアプリ回線切断はデメリットが多い ウイイレアプリ

ウイイレアプリでもう相手に勝てない!こんな試合やめてしまおうと思った時

1ギブアップ

2通信回線切断

の2種類の方法がありますよね。試合を棄権するならどちらの方法でやるべきでしょうか。

ウイイレアプリでオンラインチャレンジをやっていると試合途中で試合が終了して自分の勝ちになった経験はありませんか?
この記事ではなぜ突然オンチャレの試合が終了してしまうことがあるのかということについて深掘りしていきます。さらにどうせ試合ギブするならどっちのほうがいいのか記事化してます。

この記事を読むことで「ギブアップ」「対人戦での通信切断」について理解を深めることができます。

ウイイレアプリでネットワーク対戦で試合が強制終了してしまうパターンはプレイヤーが「ギブアップ」をした場合、もしくは「通信が切断」された場合に発生します。

ではまず、試合中の「ギブアップ」について解説していきます。

スポンサーリンク

オンラインチャレンジをギブアップした場合の影響について

オンラインチャレンジを途中で途中でギブアップしてしまうと以下のような影響があります。

ちなみに「ギブアップ」はオンラインチャレンジの試合中のハーフタイム、もしくはポーズメニューから選ぶことができます。

以下ウイニングイレブン2019アプリからの引用です。

・スコアは0-3で負け扱いになる

・GP・スカウトは獲得できない

・経験値が獲得できる試合の場合、出場時間に合った経験値を取得できます。

・監督の契約期間は1試合分消費されます。

・オンライン戦績のすべての項目に影響を与えます。

・チャレンジイベントの勝ち点は0になります。

これらの影響があります。

簡単に言うと0-3で負けの試合扱いになってスカウト・GPがもらえないってことですね。

勝ち点ももらえないのであまりいいことないですね〜

ただ通信切断して試合を終わらせるよりかわまだ「ギブアップ」のほうがましですね。

相手が1点リードしていて鳥籠をもしやってきたらタスキル(アプリを強制終了させること)をすれば試合終わらせられるけどギブアップよりもリスクあります

詳しくは次で解説します。

通信切断して試合を終了させることも可能ただしリスク高し

オンラインチャレンジなどの対人戦で試合中に通信が途切れてしまうと3種類の試合結果があります。

・切断勝ち:相手が回線を切って離脱したための勝利(3-0)扱いになる

・切断負け:自分が回線を切ってしまい、自動的に敗北になった試合

・無効試合:勝敗判定がつかづ、戦績に関係ない結果試合。(ウイイレアプリ2019では圧倒的に少なくなった)

 

切断の場合はこの3パターンが発生します。

私自身相手に数点の点差をつけるといきなし試合がクルクル中断したとおもったら試合が終わり自分の勝ちになるパターン結構あります。

あと不思議なのが相手が勝っていて自分が負けているのに自分の勝ちになるパターン。

なお通信切断が多い場合アカウント制限の措置対象になるとアプリのヘルプの所にかいてあります。

つまり、タスキルで通信回線切断ばかりやっているとそのうちアカウント制限くらってしまうのです。

またこれは任意にタスキルしてなくとも自分が対戦している通信の環境がわるかったりすると回線切断の原因になるのでオンラインチャレンジをやるときはwi-fi環境のいいところでプレイしましょう。

自分の不手際で回線切断は避けたいところですね。

自分の不注意で回線の切断を防ぐために公式では以下のことを推奨しています。

・試合中にアプリの再起動をしない

・試合中にスマホの再起動、ポケットWi-Fiの再起動をしない

・電車などで移動しながらのプレイを控える

・複数ルータを介さない接続方法への変更

・マルチタスクで他アプリを起動することを控える

 

これをすることでむやみに通信の切断を防ぐことができますのでぜひ活用しましょう。

ウイイレアプリ2018は無効試合がたくさんありました。

一番辛いのは勝っているのに試合が途切れてしまい無効試合になること。

これは辛かった。それを味わっているので今のウイイレアプリ2019は快適です♪

ギブアップしたらまけという勝手な自分ルールを作ってやっています。

 

まとめると

・基本対人戦は最後まで試合やるのがベターだしマナー

・どうしてもきついときは「ギブアップ」を使う

・不用意な回線切断を防ぐために通信環境がいいとろこでウイイレアプリをやる

です。タスキルで通信切断が一番デメリットが多いのでそこは理解しておきましょう!

逆に相手にされるのは自分にはメリットしかないので、よっしゃあと思って次の試合にむかいましょう!

 

コメント