イオンモバイルに乗り換えて使ってみた感想は!?満足度が高い格安sim

イオンモバイルは満足度が高い 得する話

携帯の料金を安くしたいなぁと思っていませんか?

ニュースなどで格安simが話題になっていますがたくさん会社もありどれを使っていいかわからないですよね。

そこで我が家は格安simのイオンモバイルを使い続けて半年以上になります。

実際に使ってみて満足感が高かったので格安simにしようか迷っていたら参考にしてみてください。

携帯はiPhoneを使っています

筆者はiPhoneを使っていますが半年前に携帯電話会社を大手からイオンモバイルに変更しました。

実際に使ってみてかなり満足しているので、なぜ格安simのイオンモバイルが満足できたか詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

満足ポイント①解約金が発生しない

イオンモバイル契約をするにあたって解約金が発生しないのは大きなメリットでした。他の携帯会社だと解約するときに約10,000円はかかっていたのでありがたかったです。

イオンモバイルでは最低使用期間がないのでよくありがちな最低〇〇ヶ月使ってくださいという縛りがありません。

最近は、法律が変わってきて他の携帯会社では解約金が発生することは少なくなってくると思いますが、それでも、もともとイオンモバイルは解約金を取らない会社だったので好感触でした。

解約金が発生しないことでどういったメリットがあるかというと、もし、使ってみて合わなかったら解約すればいいやという軽い気持ちで格安simを使えること。

他にケータイを変えたいときに乗り換えしやすいことが挙げられます。

といっても、今イオンモバイル使っていてかなり満足しているので当面は変えないと思います^_^

業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」

満足ポイント② 料金が安い

イオンモバイルの満足ポイントの2つ目は「料金の安さ」です。

今までは大手キャリアでiphone 使って1台8000円。夫婦で16000円毎月通信費が発生していました。

携帯の端末代を支払ってもこれぐらいかかっていたんのでかなり「高いな」と思っていました。

そこで「格安sim」に目をつけて更新月のタイミングでMNPをしてイオンモバイルにしました。

結果、イオンモバイルにしたことで毎月ケータイ2台で4000円程度におさまっています。

1台換算で2000円なのでかなり安いですよね。

我が家は家族2台で使うので「シェア音声プラン」の6GB(2280円/月)

のプランを使っています。

自宅も仕事場もWi-Fiがあるのでデータ通信の容量はそこまでなくとも困りませんでした。

ただし通話料が発生するのでLINE電話やーFaceTimeオーディオを活用してお電話するようにしています。

うっかり普通に電話をかけたら電話代が1000円位行った時がありました。話し放題をつけない場合は電話する手段を注意する必要があります。

業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」

満足ポイント③大手携帯会社を使っているときと変わらない使用感。

「格安SIMを使っていると人に伝えると使っていて前と何か変わったとよく聞かれます。

実際半年ほど使い始めた感想は

「前と何も変わらない」です。

Simを入れ替えてちょっとしたプロファイルの設定をすればすぐ使えるようになるので楽チンです。

Simを差し替えるだけでイオンモバイルは使えるようになるので面倒な電話帳や写真の移し替えやる必要がありません。

通常の機種変更とかだと端末が変わるのでデータの移行作業が必要になりますが、イオンモバイルはその必要がないんです。

変わったことといえば携帯会社線用のメールアドレスがなくなったことぐらいです。

携帯会社専用のメールアドレスというのは

@ezweb.ne.jp

@docomo.ne.jp

@i.softbank.jp

などです。

このメアドがなくなってしまうことも私にとっては特に問題はありませんでした。

なぜなら人への連絡は今はほとんどLINEで済まします。

それ以外に必要なメールはGmailやYahoo!メールで済ましちゃうからです。

なので携帯会社専用のメールアドレスは必要ないと判断でした。

メルマガとかをたくさん携帯メールに登録している人は大変ですけどね。

イオンモバイル

満足ポイント④ 端末が壊れてしまった時の保証制度がある

「格安sim」を使っていくにあたって大切な部分があります。

それは「端末の確保」です。

格安simが安い言われているのは、自分で端末を用意して利用料金だけを払うから安いのです。

なので今使っているスマホが動いているうちは「安い」と言えますが

例えばあなたがiPhoneをつかっていてその端末が故障してしまったら。

修理するのに例えばiPhone 7

をAppleの正規修理店で、本体交換になると3万5千円程度修理交換費用がかかります。

結構高いですよね。

では新しいシムフリーのiphone を買おうとするとiphone 11の一番安いモデルで74800です。

夫婦2台同時に壊れちゃったら14万円の出費です。そうなったら家計は相当厳しくなってしまいます。。

業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」

この辺もイオンモバイルは考えられてまして

「イオンモバイル持ち込み保証」というのがあります。月650円(税抜き)で

壊れてしまったらランダムで別のiphone と交換してくれる保証サービスです。

同じ機種になる保証はないんですがiphone と交換してくれるのはありがたいですね。

この保証サービスのポイントとしては購入から何年経っていても保証サービスに入れることです。

普通、保証サービスというのは新規や機種変更のタイミングでしか入れないですよね。

ところがイオンモバイルの「持ち込み保証」はもともと数年使っていたiphone でも加入できるのでとてもいいと思いますよ。

iPhone を使っていて端末が壊れてシムフリーを買うのが厳しいという方は確実に入っておいた方がいい保証サービスです。

満足ポイント⑤全国にあるイオンが販売店なので安心感がある。

イオンモバイルはネットなどでも購入できますが、全国にあるイオンで購入できますので、食品の買い物がてら話を聞きにいったりできるのでいいですね。

もし故障して持ち込みするときも店舗が多いので助かりますね。

満足ポイント⑥ 余ったデータ通信は翌月に繰り越せる。

イオンモバイルのいいところとしてデータシェアプランなので家族で分け合えること。我が家では夫婦で分け合っています。

さらに嬉しいのが余ったデータは翌月にくりこせることです。

夫婦データの使用量にはばらつきがありますよね。

たまたまどちらかが使わなかったりしたら翌月にまわせるのでありがたいです。

どっちかが使い過ぎたらも片方がセーブする

といった使い方もできるのでデータ利用に無駄が生まれにくいんです。

この結果イオンモバイル利用し始めてから1度も低速になったことがありません。

注意ポイント①4Gが繋がりにくい時間帯がある

いいところ中心に書いてきましたが、使っていて気になったことも1つだけ書いておきます。

平日の12:00から13:00の1時間、5時から6時の1時間は4G通信が遅くなります。

低速じゃないのに低速?

かと思うぐらいに遅くてびっくりしました。

丁度利用者が増える時間になると通信速度も遅くなってしまうんですね。

これで困ったのは車で出かけてランチの場所を検索するときですね。

全然繋がらないのでお店探せなかったです。

出かけるとき調べ物はピークタイム前にやってしまうのがオススメです。

まぁ利用料金がかなり安いのでそこはしょうがないかなと思って割り切っています。

Wi-Fiを使ったりして低速は回避したいですね。

イオンモバイルをiphoneでつかってみての満足ポイント、注意ポイントを書いてきました。

満足ポイントが多いので、よくイオンを利用してる方とか格安simを検討していたら解約金もないので使ってみるのがオススメですよ。

イオンモバイル

コメント