AirPods Proの購入レビュー・使ってみた感想・音質について

スポンサーリンク
AirPodsPro買ってよかった物

こんにちは、なおパパ(@nao75719524)です。

念願のAirPodsを購入できたのでレビューしていきます。

 

ウイイレ悩み君
悩み君

AirPodsProって何がいいの??普通のAirPodsとは何が違うの??

 

って方の参考になればと思います。

1/1に購入してガンガン使ってるんですけど、あまりにも最高なので速攻で記事化です。

 

スポンサーリンク

AirPods Pro の基本情報

AirPodsPro
  • 価格
  • 特徴
  • 充電方法
  • 連続再生時間
基本情報
  • 27800円(税抜き)
  • ノイズキャンセル
  • ワイヤレスor有線充電
  • 4.5時間の連続再生(通話は3.5時間)

AirPodsのことがわからないという方は上記の情報だけおさえとけばOKです。

価格27800

Airpodsには現状3モデル発売されており

AirPodsには現状3モデル発売されています。

AirPods

¥17800

ノイズキャンセルなし

AirPods with wireless charger

¥22800

ワイヤレス充電が可能

AirPods Pro

¥27800

ノイズキャンセル・ワイヤレス充電可能

機能がよくなるほど価格が5000円ずつあがっていきます。

ノイズキャンセルもワイヤレス充電もなくてよいって方は¥17800円のAirPodsでいいでしょう。

一番ベーシックなモデルです。

しかし、AirPodsProのノイズキャンセル機能は控えみにいっても神レベルなので個人的にはAirPodsProがおすすめです。

AirPodsProは消費税を入れると¥30580もします。最初は高いなと思いましたが性能と品質には満足しています。

 

+¥3400支払うことでAppleCareに加入することができます。

AppleCareの特徴は3つです。

・自然故障の保証が2年に延長される

・物理的損傷修理の交換費用が¥34002年で2回までOK

・エクスプレス交換サービス利用可能

・紛失は対象外

↓airpodsProのAppleCareの詳細です。

AppleCare製品 - ヘッドフォン
ヘッドフォンのセットアップと基本操作のサポートを受けられます。Appleの専任スペシャリストが、AirPods、Beatsイヤフォン、Beatsヘッドフォンの使い方についての質問に電話またはチャットでお答えします。

AirPodsProの修理の詳細です。

AirPods や AirPods ケースの修理・交換 - Apple サポート 公式サイト
AirPods の修理が必要なときは、お近くの Apple Store や Apple 正規サービスプロバイダへ。このページでは、修理サービスの方法、料金、所要時間、その他についてご案内します。

 

自然故障の保証が2年に延長される

今までのAirPodsAppleCareに加入することができませんでしたが2019年の秋から新たに入れるようになりました。

AirPodsProにはもともと自然故障に対する保証が1年ついています。

自然故障というのはあなたに過失がなく朝おきたらいきなり電源がつかなくなっていた!とか音が急に聞こえなくなった・ペアリングできなくなってしまった、、などが当てはまります。

元々の保証は1年なので極端な話、例えば13ヶ月目に耳部分から音が出なくなってしまった場合交換費用に¥9800円かかります。

辛いですね。もちろん全ての人が故障するわけないです。

未来は誰にもわからないです

もし不安なら¥3400の加入料金は他のApple製品のApple製品に比べて格安なので入っておいてもいいと思います。

物理的損傷修理の交換が¥3400円で2年のうち2回まで使える

踏んで壊した、水につけて浸水させた。などの「壊してしまった」系の修理は各パーツ¥9800円かかります。

しかしAppleCareに入っていると3400円で交換してくれます。

これはめちゃくちゃ安いと思います。

AirPodsProは元々の値段も3万円と高価ですので交換費用もAppleCareに入っていないとそれなりにしますね。

エクスプレス交換サービスが使える

AppleCareに入っているとエクスプレス交換サービスが使えます。

Appleコールセンターに電話すれば交換機を直接自宅に送ってくれるサービスです。

このサービスを使えば、修理店やAppleStoreに行く必要がありません。

都内の人ならともかく地方に住んでいる人ってApple製品を修理店にもっていくの大変ですよね。

そういった大変な人はこの「エクスプレス交換サービス」を使うとかなり手間が軽減されます。

紛失は対象外

AppleCareに入っていても「紛失」つまり無くしてしまった場合は保証対象外になってしまうので注意しましょう。

つまり¥3400で交換してくれないんです。

無くしてしまった場合はもう一度新品を買ったほうがいいですね。

新品を買えばまたAppleCareに入れますから。

 

ノイズキャンセルについて

ノイズキャンセル機能使ってみたけど周りのガヤガヤしてる音をかなり軽減してくれます。

まったく無音になるわけではなく周りの音が遠くなる感じですね。

例えば、カフェやファミレス、図書館で読書や勉強をしてるときに周りの人がうるさかったり、食べ物をくちゃくちゃしてる音がきになったりしたことありませんか??

そんなときにこのノイズキャンセル機能を発動させると静寂の闇につつまれます。

マジできにならなくなります。

僕自身、ママに車を運転してもらい高速道路を走ってノイズキャンセルを発動させたらかなり雑音が軽減されました

iPhone上でのボリュームを3割ほど出せば音楽しか聞こえなくなりまりた。

これは飛行機とか電車でもかなり活躍すると思います。

何より周りの音を遮ることで完全に自分の世界に入れます。

そのことによってストレスが軽減されます。

ストレスを軽減したい人にはこの「ノイズキャンセル機能」ぜひ使ってみてほしいですね。

充電方法

AirPods Proの充電方法は2種類

・ライトニングケーブルを使って有線充電

Qi(チー)対応のワイヤレス充電器を使ったワイヤレス充電

この2種類でできます。

ライトニングケーブルは付属していますが、アダプターは付属していません。

AirPodsはライトニング端子がついているのでiphoneの充電ケーブル・アダプタで代用できます。

さらに高速で充電したい場合は付属のケーブルとこのアダプタを購入し充電を使うと高速で充電できます。

Qi規格の充電機を使ってワイヤレス充電器を使って線をしないで充電することができます。

 

AirPodsProの使い方

初期設定

1iphoneOSを最新版にアップデート

2 AirPodsProのケースをひらく

3 AirPodsProのポップアップがiphone常に表示される

4ペアリング設定完了

非常に簡単です。

iPhoneOSは最新版にしておかないとAirPodsの機能を完全に使えないので注意しましょう。

最新版じゃなくともペアリングできて音をくことはできますが、AirPodsのアイコンもでませんしノイズキャンセルの切り替えをコントロールセンターですることができません。

ケースを開くだけで設定を開始してくれます。

1度ペアリングをしてしまえばもうこの操作をする必要はありません。

耳に装着するだけで自動でペアリングされます。

Apple純正アクセサリなのでペアリング、互換性がめちゃくちゃいいです。

余計なアプリや毎回の設定がいらないのは神がかってます。

装着後の使い方

イヤホンを装着した後はイヤホンについているくぼみがスイッチになっています。

方法はこの画像がわかりやすいです。

スクリーンショット 2020-01-02 9.30.15.png

出典 Apple公式サイト

この耳元で切り替えをできるのがかなり便利です。

例えば、歩いてる時、走ってる時に今まではiphoneを出してやる必要がありました。

ところが耳元で曲のスキップができてしまうのでかなり便利です。

曲の音量調整はsiriを起動しないといけませんが、AppleWatchを使っている人ならつまみをまわせば音量調整ができます。

なので

iPhone

AppleWatch

AirPodsPro

の組み合わせで使うとかなり便利なコンビネーションが発動する感じです。

 

総じてAirPods は買って損はしない製品だと自分は感じました。

 

AirPodsProを使ってみた感想・音質について

 

AirPodsProを使ってみた感想としては

ワンタッチでノイズキャンセルをオフオンできるのがかなり画期的です。

作業に集中したいとき、オンオフ切り替えたい時のスイッチに使えます。

ジョギングやジムなど集中できる環境ではノイズキャンセリング機能をオンにして使うのがいいです。

逆に車道など外部音が聞こえないと危険な場所は外部音取り込みモードで使用するといい感じです。

その切り替えを耳元のワンタッチで切り替えできるのがGood!

 

音質については標準のEarPodsよりも音が高品質だと感じました。

その理由はドラムのハイハットを刻む音がより自然に聞こえたからです。

高音域までしっかりと聞こえました。

もちろん音質に関しては個人の好みもあると思うので、1度試聴するのがベストです。

 

合わせてケースも買いました。

LEDランプもみえていい感じです。