羽毛布団を5年以上使った感想。まじで暖かい!【コスパ最強】

羽毛布団を5年使った感想-マジでコスパいいです。買ってよかった物
スポンサーリンク

こんにちは、なおパパ(@nao75719524)です。

ウイイレ悩み君
悩み君

暖かい布団が知りたい

ウイイレ悩み君

重い布団で寝たくない

コスパがいい布団で寝たい

そんな悩みを持っていませんか?

この記事を読むことで

最適な暖かい布団がわかる
快適に寝る方法がわかる
そんな内容になっています。

この記事は僕自身が羽毛布団を実際に使ってみた感想の事実を書いています。 寝具売り場でも働いていたのでその経験も交えて書いています。

スポンサーリンク

羽毛布団を5年以上使った感想。夜の寒さがなくなった【コスパ最強】

結論を先に書くと

 

羽毛布団は暖かい布団として最強です。

なぜなら布団の中にダックやグースの羽毛が入っているからです。

 

世の中いろんな布団がでていますが、本物の羽毛が入っているので暖かいです。

 

寒い「ハンガリー」の国で産卵を乗り越えるための親鳥の羽毛とかすごいですよ。

 

卵を守ったり温めておくために使われてたわけです。

 

そう。まさに羽毛布団で寝てる時は羽毛に包まれて「守られてる」ような安心感もあります。

 

なんでこんなに暖かいのかってぐらいあたたかいです。

 

「羽毛布団って本当に暖かいのかな?」

と思ってましたし。

「布団にそんなにお金をかけるの?」

 

と理解できないレベルでした。

 

ところが1度使い始めてからは手放せないくらい愛用してますね。

 

しかも羽毛布団ってちゃんと使えば何年も長い間使えます。

僕が使ってる羽毛布団はもう5年目になりますが、全然暖かさは変わらないです。

羽毛布団を5年以上使った感想

5年たってもふっくらです

1日の1/3は睡眠になるので、その睡眠の質があがると日中のコストパフォーマンスはケタ違いになります。

 

もし、「冬寝るとき寒いんだよねー」と思ってる方がいましたら即羽毛布団を使ってみてください。

 

めちゃくちゃ変わりますよ。

 

実際に僕が使ってる羽毛布団は5年目ですが動画のようにフカフカです。

 

今年の冬もあたたかく寝れそうです。

 

 

羽毛布団の種類

羽毛布団はコスパがいい

羽毛布団は大きく3種類があります

・ダック
・グース
・マザーグース

からなります。

出典すやすや工房

実際にネットや店舗で羽毛布団を買うときは羽毛の種類を確認しましょう。
グレードは

ダック〈グース〈マザーグースでランクが上がってきます。

 

一見安い!と思って羽毛布団をみると使われている羽毛の種類はダックなことが多いですね。

 

羽毛布団を選ぶときは中の羽毛の種類をみましょ〜

 

グースのほうがダウンよりも飼育期間が長いので羽毛の成長量が違います。

 

やっぱり羽毛布団は、高いので買うときめちゃめちゃ不安ですよね

 

わかります。

羽毛はどの種類がおすすめ?

結論から書くと

マザーグースがおすすめ♪

寝具を販売していたときに働いていた従業員の感想や、寝具メーカーさんの羽毛布団の講習会の経験をまとめると「マザーグース」です。

 

みなさん口を揃えて「マザーグース」がいいよと言うんですよね。

 

なので

僕はマザーグースの羽毛布団を使用しています。

 

理由は寝るときはあったかくして寝たいからです。

マザーグースが一番わたの大きさであるダウンボールが大きいんですね。
そのため耐久性や寿命にすぐれています。

 

羽毛布団を選ぶなら「マザーグース」の羽毛布団をおすすめします。

 

本当に暖かいので冬布団に入るのが楽しくなりますよ。

 

含有量は93%以上はあってほしいですね。

原産国は、ポーランドかハンガリー産の羽毛だとかなり質もいいですよ。

 

羽毛布団の効果的な使用法

羽毛布団を効果的に使うなら以下の2点は守りましょう。

・毛布は羽毛布団の上につける
・羽毛布団にはカバーをつける

羽毛布団で男性の方は冬寒くない!ってぐらい暖かいと思います。

 

でもどうしても毛布をかけたい場合は

羽毛布団の上に毛布を置いてください。

 

え?毛布をかけてその上に羽毛布団じゃないの?

とおもいますよね。

羽毛布団は肌の近くで使わないと効果を十分に発揮できないんです。

羽毛布団は羽毛に含まれた空気が体温を逃さずにしてくれるからです。

 

よって羽毛があるから暖かいというよりは羽毛があることによって自分の体の熱を外に逃がさないようにしてくれるということです。

 

このことからできるだけ体温から近いところに羽毛布団を使うようにしましょう。

 

ただし、重い毛布の場合羽毛布団の上にかけてしまうと羽毛が潰れてしまうので注意が必要です。

 

羽毛布団と一緒に使うなら軽めの毛布を使うといいですよ。

 

羽毛布団には必ずカバーをかけて使ってください。

 

カバーをつけることで汚れ防止や耐久性を強くすることができます。

夏や冬によって布団カバーの種類を分けるとさらに快適です。

冬はフリース系のあったかめのカバーなどがいいですね

夏は綿などのカバーをつけると快適だとおもいます。

羽毛布団の手入れ方法

羽毛布団の手入れは簡単です。

具体的には

・天日干し(片面1時間程度でOK)

1カ月に12回でよい

・カバーをかけたままで天日干しでOK

・晴れた天気が良い日にやる

ただし

・長時間の天日干しは控えてください

側生地が紫外線によって傷んでしまう可能性があるからです。

この天日干しを定期的にやっていけば中の空気が膨らみ保湿性が高まります。

洗いたい場合は自分でも洗えなくないと思います。

しかし、羽毛布団は高価なので、失敗は怖いですよね

そんなときは専門の布団クリーニングの業者さんを使うといいと思います。

【完全個別洗い】布団クリーニングの「しももとクリーニング」

コストをかけてメンテナンスをして長く使っていきたいですね。

布団を清潔に保つことで寝ている身としても安心ですし

なんといっても睡眠の質が上がります。

業者さんから送られてきた宅配パックに入れるだけなので依頼も簡単です。

羽毛布団は他の布団に比べて「軽い」です。

羽毛布団は軽いのにあったかいので「最高」なんです。

・心地いい
・寝苦しくない
・着る服で暖かさを調節できる。

 

僕自身田舎で育ちました。

田舎の風習なのかわかりませんが、田舎はやたら重い毛布を重ねます。

 

本当に重すぎて夜目が覚めてしまうほど。

寒いから毛布を何枚も重ねて寝るのは体に圧迫感がありますよね。

 

要するに暖かいんですが、重いので寝苦しいんです。

 

このやな気持ちをいっぺんさせてくれるのが「羽毛布団」です。

 

なにせ、寝るときが桁違いに楽です。

布団かけてないんじゃないかってくらい軽さです。

ぐっすり眠れます。

 

暑い、寒い場合は自分でヒートテックを着込んだりして服を調整すればOKです。

 

寒いからといて毛布も何枚も重ねる必要がないんです。

 

これはまさに快適です。

 

布団を何枚もかけなくていいので「管理」が楽ですし
物を増やしたくないってかたはいいと思いますよ。

敷き布団と羽毛布団あれば1年中過ごせちゃいますからね。

 

シンプルな生活をしたいって人はいいですよ。

 

寝具は大きいので場所をとりがちだと思うので羽毛布団を導入すればスペースもすっきりしますよ。

羽毛布団はコスパがいい

羽毛布団は数万円とお値段は張りますが、1度購入してしまえば5年から10年は使えます。

 

仮に5万円のを5年使ったとしても月々830円程度です。

 

しかも、車とかとちがって「毎日」確実に使います。

 

1日6〜8時間は使うので使用時間がかなり多いですよね。

 

「睡眠」の質があがれば自分のパフォーマンスにいい影響を与えてくれ

ます。

 

事実僕自身いま使ってる羽毛布団を買ったのは2014年です。

いまだに暖かく夜眠れてます。
夏は暑いくらいですが笑

 

お布団だからこそお金をかけるといいですよ。

 

 

自分なりにオススメの羽毛布団をピックアップしています。

 

質がいいのにかなりお値段的には買いやすいですよね。

 

ハンガリー産のホワイトマザーグース95%使用なのでかなりあたたかいと思います。これ個人的に次買い換えるとき欲しいですね。

 

 

この羽毛布団もかなり高品質です。暖かさもかなりいいですね。

93%なのでさきほどのよりは買いやすいと思います。

 

文章だけじゃよくわからないなぁという方はぜひ実際に布団屋さんにいって羽毛布団を手でさわってみてください。ふかふか感が明らかに違います。

 

チェーン店の布団コーナーはダックの羽毛布団しか置いてないこともあるのでちゃんとした布団屋さんにいってさわってみるといいですよ!

 

ではいってらっしゃい!!