まったり自分らしく生きるために選択すべきこと。

ライフ・生き方
スポンサーリンク

 

ウイイレ悩み君
悩み君

まったり生きるにはどうするべきかな。毎日毎日頑張ることに疑問を感じてきた。

 

どうもなおパパです。

今回は自分が大事にしている考え方「まったり自分らしく生きる」ことについて書いていきたいと思います。

人生生きていると、競争や頑張ることに覚めてしまう瞬間がありますよね。

自分ってなんでこんな頑張って仕事しているんだろうと。

 

そもそも、なんのために働いているのかあえて振り出しに戻って考えてみるといいかもです。

パソコンでも動かしてると「キャッシュ」のように蓄積されときにゴミのような存在になることもあります。

 

まったり生きるためには「諦める・選択する」ことが大事かなと最近思います。

 

まったり生きるといっても人の価値観はたくさんありますし、もう少し具体化すると

ストレスを少なく自分らしく生きる感じです。

 

そこでまったりと自分らしく生きていくにあたって諦めると案外楽になることを書いています。

 

スポンサーリンク

自分らしく生きるのにあえてやめてみること

自分らしく生きるためにあえてやめてみるのにおすすめなのがこの3つ。

・出世
・稼ぐ
・理想的な生活
この3つをやめてみると人生はだいぶ楽になります。
やめるというか、考え直すだけでも効果はあると思います。

出世を諦める。

出世を諦めることは自分にとってプラスでした。

正直逆行でした。出世してもなぁということです。

他に自分がワクワクすることで人生を満たして行った方がいいかなと思い諦めました。

 

出世しなくても生きていける方法とは?

・専門スキルを身に着ける。
・会社以外の収入を確保する。
・生活レベルをさげて今の収入で価値を最大化する。
じぶんn

稼ぐことを諦める

稼ぐことも諦めました。ムキにならず、残業代もいらないです。って感じで仕事するようになりました。

残業しなくてもいいやって感じで仕事すると本当に残業が毎月ほぼ0になっていたのがおもしろかったですね。

一般的な生活

一般的な生活も諦めるとかなり気持ちが楽になります。

一般的な生活とはスタンダードな生活です。安定的な生活とでもいいましょうか。

「スタンダード」な生活がいい!とうたったところでその価値基準は他人基準なので合わせに行ってます。

自分軸をもって選択をしたほうが絶対いいと思います。

 

自分軸をもつためには情報とうまく向き合う

自分軸で生きるためには、情報も取捨選択の必要があります。

無い物ねだりになりすぎないようにきをつけましょう。

今ある環境でどれだけ楽しめるかが大事です。

「お金がなければ楽しめない」という考え方がでててしまいかもしれませんが、ブータンという国では先進国ではないものの国民の幸福度は高かったですよね。

【徹底解明】世界一幸せな国・ブータンが幸せである本当の理由を解説します|ブータン旅行・ブータンツアー|格安海外ツアー・激安海外旅行のハッピーホリデー
世界で一番幸せな国・ブータン。このようなキャッチフレーズは、皆さんもきっと一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか。では一体なぜブータンというアジアの小国がこれほどまで幸せ度が高い国として言われているのでしょうか。この記事ではその真相を解明しつつ、幸せとは一体何なのか、考えをめぐらしてみましょう。

 

別の調査では「フォーブス」誌にのった大富豪の人生の満足度は7点満点で5.8点。

それに対しアフリカのマサイ族の平均は7点満点で5.4点だったらしいです。

詳しくはこちらの本に書かれています。

 

 

つまり、お金の総量が増えても人生の幸福度は変わらないという解釈もできますよね。

 

ということはいったい何があなたにとって幸福をもたらすのか。

 

それは自分軸で人生を生きることだと僕は思います。

 

自分軸で生きていれるかたまに確認する

「自分軸で生きよう」なんてかっこいいことをいってもここは「日本」ですよね。

これだけ恵まれている環境であっても生きづらさを訴えている人はたくさんいるし、日本で生きてればOKってわけでもないです。

しかし、自分で流されずに都度確認することはしたほうがいいですね。

自分も生きていて「今自分らしく生きれてるのかな?」とよく考えます。

一度しかない人生なので自分らしくいたいものです。