自分がロックなライブにもう行かなくなったと理由を詳しく解説

自分がロックなライブにもう行かなくなったと理由を詳しく解説ライフ・生き方
スポンサーリンク

こんにちはなおパパです。

「最近ライブ行っても楽しくないな」

「ライブ行くの面倒だな」

そんな風に思ってしまってる人多いと思います。

もともと僕自身ライブ好きだったんですが、

 

2019年ごろからライブに行かなくてもいいかなと思いました。

僕自身ライブを生きがいに思ってた時期もありました。

 

ライブは素晴らしいです。

 

ですがライブに行かないと人生楽しくないって状態も自分自身もったいないかなって思い始めていたのも事実でした。

この記事ではライブ行かなくなったら楽しみが無くなってしまうという不安を解消させます。

初めてライブに行ったのは2005年から毎年いろんなライブに行きました。

特に洋楽のロックなバンドのライブによく行きました。

 

ところが2019年は2回まで減少しました。

その理由を色々と書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ライブにもういかなくてもいいかなと思った理由

自分がロックなライブにもう行かなくなったと理由を詳しく解説

結論を先に書くと

ライブは別にいかなくてもいい。

なぜなら

ライブ以外にも楽しいことはたくさんあるから。

正確に言うとライブ以外の生活を楽しくさせることに意識を向けた方が自分の中で毎日の充足感がかなり高いなってことに気づきました。

 

ライブがいやだなと思うところは

・人が多い
・臭い
・うるさい
・夜が遅くなる
・会場までの移動が面倒

という点が挙げられます。

では詳しく深掘りしていきます。

ライブは人が多い。

自分がロックなライブにもう行かなくなったと理由を詳しく解説

これはフェスとかとくにそうなんですが人がとにかく多いですね。

たくさん人を集めないと成り立たないビジネスですし、大人数の前で演奏する=成功なので当然ですが。

人ゴミが嫌いな人はおすすめしません。

とくに人気バンドだと人が密集するのでムシムシ暑いくらいになります。

パンパンなのでパーソナルスペースもめっちゃ狭いです。

汗だくの人と肌がぶつかったり女性の髪の毛が口に当たったりしてかなりキツイです。

「人との一体感こそライブ」

「モッシュがあってこそライブ」

そう思うかもしれません。

ですが、そんな汗だくになるなら

自宅やジムで筋トレして、近所をランニングした方がいいかなと思ってしまいました。

ライブは匂いも強烈

自分がロックなライブにもう行かなくなったと理由を詳しく解説

ライブはみんな汗だくになるので匂いも結構すごいです。

分煙になってない会場などはモロにタバコの煙を浴びなければいけないので本当に辛いです。

そういったいやなことも我慢してチケット代を払ってする行為がいいのかな?

と疑問に思ってしまいました。

※後方エリアや2階席を使うとクリーンな空気でみれます

ライブはうるさい

自分がロックなライブにもう行かなくなったと理由を詳しく解説

ライブはうるさい。

「ライブはうるさい」です。音もそうですが、色々と。

音が大きいので子供はできれば連れていかないほうが賢明ですね。

それでも行きたいのであれば別ですが、、

ライブに子供を連れていくときは「イヤーマフを必ずつけた方がいいですね。」

子供をライブ・フェスに連れて行く時はイヤーマフは必須です。
音楽が好きな方はきっと長い間音楽が好きですよね。結婚して子供ができてもライブに行きたいと思っているはず。子供をライブに連れて行きたい。子供がうるさいライブの音をさらされて心配。そんな方にイヤーマフを実際に付けてロックフェス行った感想子供をライブの音量から守るためのポイントがわかる内容になっています。

夜が遅くなる

自分がロックなライブにもう行かなくなったと理由を詳しく解説

ライブって夜からスタートして夜の22:00とか23:00に終わるんですね。

普通に次の日仕事とかキツイですよね。

学生とかなら全然OKだと思います。

夜の22:00ごろにおわってそこから都内から家まで帰るのは凄まじく面倒だな~ってこの歳になって思います。

家でお風呂入って、リラックスしながらyoutubeのライブ動画見ればOKって感じです。

聞きたい曲だけ聴いてMCとかも飛ばせますし。10分くらい見れば満足だったりします。

会場までの移動が面倒

ライブに行くための会場への移動が面倒です。

ライブの多くは関東だと東京都内で開催されることが多く電車で1時間位僕の場合かかります。

ライブの日は休みを取るので夕方から家を開けることになります。

平日のライブであれば夕方に家を出て,

10時位にライブが終わって家に着くのは夜中の12時前位です。

子供がいると、子供の世話を全部奥さんに任せきりになってしまうのでかなり気持ち的には申し訳ないなって思ってしまうこともあります。

 

自分の妻も音楽が好きなので、自分だけライブに見に行くと言う行為が後ろ髪を引かれる思いです。

理想としては、家族全員で昼間にライブに行けたら最高です。

けどそういうものはないですね。

ライブの多くは基本夕方から夜にかけて行えることが多いので、

どうしても子供がいるとその時間に出かけると言うのはハードルが高いです。

 

なので家族ができてからは夜のライブではなくショッピングモールなので昼間行われているライブショーなどを見る機会が増えました。

 

30分位で終わるので子供も飽きないで見てくれるし快適です。

子供が小さいとライブに行く行為は夜遊びみたいなもので結構考えちゃいますね。

なので今後はライブはライブ配信で見れるようになる可能性も大いにあり得ますよね。というかなってほしいですね。

 

ライブに行く生活を14年続けた総括

自分がロックなライブにもう行かなくなったと理由を詳しく解説

総括すると、

たくさんの人混みの中で

いろんな匂いの中で

大きい音を聞き

夜遅くまでいて

移動も大変

そういうのを乗り越えて好きな音楽を聴きに行くんです。

学生の時は本当にこれでも気にならなかったです。

でも社会人になり子供もいるとそんな思いをしてまでライブに行かなくてもいいかなって言うのがあります。

そのお金と時間を使うなら家族と過ごしたり自分の時間に使ったほうがいいかなぁと思ってしまいます。

 

最近はライブ映像がかなりYouTubeにで待ってて見たいバンドのライブ映像がすぐスマホで見えてしまうのでかなり便利な時代です。

 

自分の家で移動なしで、しかもプロショットで良いアングルでライブが見れるので、非常に効率が良いなと思ってしまいます。

 

昔はライブが生きがいで、ライブに行くためにバイトして、お金を貯めて、時間を作って参戦してました。

 

ライブを見てる時はほんとに心地よくて、自分が生きているなぁと実感できた時間でもあります。

 

ライブが終わると抜け殻のようになり、日々の日常がとてもつまらなく感じたものです。

しかし、それはすなわちライブに自分が依存してしまっていると言う事でもあります。

 

自分にとって大切な家族を作ったり。

筋トレして体を鍛えて健康に気を使ったり。

勉強して自分のスキルアップをしたり。

身近に熱くなれる趣味を持ったり

 

そういうことをして日々この今の瞬間を、少しでも実のある時間にしようと必死に考えて生きていく。

そんなことも楽しいと最近思うようになってきました。

 

よくライブのMCで「この時間だけはすごい楽しい時間にするぜ!!」

って言うバンドがたくさんいますけど。

 

それはライブじゃない時は、楽しくない時間を過ごしていることを認めてしまうことになるので、自分自身それは良くないなと思いました。

 

そもそも、自分がいろんなことを毎日している中で、楽しめているのか?しっかりと考えて自分なりに日々改善していくことが楽しいと思えています。

 

要するに

昔はライブに行かないと楽しくなかった。

でも今はライブに行かなくても楽しいと思えることがたくさんある。

なので僕はライブに行かなくてもオッケーですとと言えるまで成長ができました。

 

今後のライブの展望は

これは僕個人の今後のライブがどうなるかって予想ですけれども。

ライブはライブ会場に行くんじゃなくてスマホやテレビやパソコンでライブ配信として見る形態に変わっていく気がします。

 

フェスやライブに行きたくてもチケットが取れない。

子供がいて行けない距離が遠くて行けないと言う人はたくさんいます。

 

今の時代インストアライブやYouTubeの生配信で、今そこで起こっていることをリアルタイムにインターネットを通じて世界中に配信することができます。

有料チャンネルやプレミア会員しか見れないようにしてしまえば見る人からお金が徴収できます。

 

チケットがソールドアウトしたとしてもそれ以上の収益が見込めます。

CDが売れないのでアーティスト的には収益が増加するので配信ビジネスは今後拡大していくと思います。

 

またライブに行けないけどスマホやPCで見たい人がたくさん潜在的にいるはず。

 

そんな人は数千円のお金なら出しても見たいと思うはずです。

 

さらにバンド側からしたら今後ライブハウスの借りずに配信限定ライブなど小規模なスペースを借りて配信することができます。

 

そうすればバンドの運営費を大幅に削減することができ売り上げアップも得られますよね。

 

多分ですけどそのバンドのファンの人からすれば別に他の人のファンが騒いでるところって別に見なくてもいいよってたくさんいると思うんですよ。

 

なのでバンドのメンバーだけがスタジオの中で演奏してる映像とか流すだけでも凄いみたいって思う人はたくさんいると思います。

 

僕の好きなグリーンデイが、アメリカのハリケーンの被害を受けたときにチャリティーで動画でライブを行い寄付を呼びかけたことがありました。

リンクはこちらです。

この感じ僕はすごい好きですね。

まさに自分の家にグリーンデーがやってきてライブやってくれたような感覚です。

大きいスタジアムでライブも最高ですが、こういうライブの方がすごい距離感が近く感じるのは僕だけでしょうか。

 

それではライブ感がないとか
生音が聞こえないんじゃ意味がないとか

 

そういう気持ちはよくわかります。

でももう今娯楽がスマホで簡単に手に入る時代なので

バンドをやる側もバンドを見る新しい形を作ってかないとこのライブ音楽を続けるって言うこと自体大変な状況に今後なっていってしまうと思います。

ライブが配信普及すれば僕が上に書いたライブで嫌だった事は

全部実はクリアされます。

今後音楽はシェアする時代になると思います。

だってライブのために仕事を休んだり家族に土下座したりするの結構大変じゃないですか。

なので誰かがやり始めたらきっと面白くなりますね。

ではいってらっしゃい!